学習 国語

読解の選択問題で注意すべきポイント3つ

2022年5月15日 ハルカ

国語の入試問題は、記述問題に目がいきがちです。しかし、ほとんどの学校では選択問題のほうが多く出題されています。配点も高いことが多いので、しっかりとした対策が必要です。

本文の理解はもちろん重要ですが、選択問題の間違えやすいケースを知っておけば、さらに高い精度で正解できるようになります。今回は、わたしが塾講師をするなかで気づいた、当たり前に見えて意外と見落としがちな選択問題のポイントを3つ解説します。

[1] 「もっともふさわしい」を意識する

選択問題の問題文をよく読んでみると、多くの場合「もっともふさわしいものを選びなさい」と書かれています。「正しいもの」ではなく、「もっともふさわしいもの」であることがポイントです。

選択肢のなかには、「間違ってはいないが、もっともふさわしいとはいえない」というややこしいものもあります。試験後に生徒からの質問が多いのもこういった問題です。

たとえば、『かさじぞう』のなかで、おじいさんが地蔵にかさをかぶせた理由を問われたとします。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com