マネー

私立中学の学費はどれくらいかかる?

2018年2月23日 中学受験ナビ 編集部

私立中学の学費は、公立中学と比べてどのくらい高いものなのでしょうか? 今回は、私立中学の学費がどのくらいなのかをご紹介します。

私立中学の学費は公立中学の約3倍!

まずは私立中学の学費がどのくらいの金額なのか、またその内訳についてまとめてみました。

私立中学では年間132万円以上の学費が必要

文部科学省が公開している「平成28年度『子供の学習費調査』の結果について」では、公立・私立中学の学習費のデータをまとめています。これによると、私立中学で1年間に掛かる学習費総額は132万6,933円、3年間だと約400万円になります。

学習費のなかで特に高いのが授業料

約132万円もの金額になる私立中学の年間学習費総額。その内訳のなかで大きな割合を占めるのが授業料で、約42万円になり、これだけで全体の3分の1を占めています。それに続くの学校納付金で、約26万円となっています。

公立との差が出るのはなぜ?

一方の公立中学の学習費は、年間47万8,554円です。私立中学の約3分の1ほどの金額ですが、なぜこれだけの差が出るのでしょうか?

授業料の有無が大きな要因

学習費の大きな差を生み出している理由の一つが「授業料の有無」です。私立中学と違い公立中学は授業料を支払う必要がありません。約42万円もの授業料がないぶん、公立中学は年間学習費総額が安くなるのです。

また、学校納付金も、私立中学では上記のように約26万円を納める必要がありますが、公立中学では年間約1万4,000円となっています。

学校外活動費は大きな差がない

私立中学と公立中学の年間学習費総額を比べた場合、学習塾や習い事などの「学校外活動費」については、公立中学では30万1,184円、私立中学では32万0,932円と、そこまで大きな差はありません。

それぞれの内訳を見ると、受験に向けた塾などの補助学習費が公立中学の場合は平均20万2,498円。私立中学は14万3,694円ですので、私立中学より公立中学の方が補助学習費が高くなっています。その分、私立中学は芸術文化活動にかけるお金が多い傾向にあります。

私立中学はやはり学費が高い

私立中学の学費について調べてみましたが、やはり公立中学と比べると高いのは間違いありません。学校選びは、こうした学費の面も考慮する必要があるでしょう。

データ引用元:『文部科学省』「平成28年度「子供の学習費調査」の結果について」
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/1399308.htm

(中田ボンベ@dcp)

※記事の内容は執筆時点のものです