中学受験ノウハウ 塾選び

意外にピリピリしてない? 大手塾で難関校を目指すクラスの授業とは

2020年1月14日 ハルカ

中学受験塾というとピリピリしたイメージを持たれがちですが、実際はそうでもありません。いわゆる「御三家」や「新御三家」を目指す上位クラスでも、生徒は意外と楽しみながら授業を受けています。

難関校を目指す子たちは、反復練習や基礎知識の重要さがわかっています。実際にわたしが勤務していた大手塾でも、がむしゃらに勉強させるより、子供たちの「自ら学ぶ姿勢」を大事にするほうが、やる気も集中力も上がっていたように感じました。

今回は難関校を目指す大手塾のなかでも、とくに上位クラスでわたしが心がけていた授業の工夫を紹介します。

上位クラスの授業の工夫【1】 生徒の発言が中心

もちろん授業はテキストに沿って進めますが、できるだけ生徒の発言を生かします。

クラスのレベルが上がるほど、授業中の発言は増えていきます。とくに上位クラスは授業内容に関係のある鋭い発言が多く、わたしもその場で答えられず次の授業で改めて解説する、ということが何度もありました。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com