中学受験ノウハウ 基礎知識

【中学受験】どう違う? 附属校と系属校の違い

2020年2月03日 石井知哉

中学受験の志望校を考える際に、一度は耳にするのが「大学名を冠した中学校」のこと。高い人気を集めていますが、実は「附属校」と「系属校」があることをご存知でしょうか? 今回は、意外と知られていない両者の違いについて解説します。

附属校と系属校の違い

附属校と系属校は、どちらも「上級の教育機関と関わりの強い学校」のことです。一般的には「大学と関わりの強い中学校・高校」のことを指します。〇〇大学附属小学校や系属小学校もあります。

附属校と系属校で異なるのは、運営法人です。

・附属校:大学と同じ学校法人が運営
・系属校:大学と別の学校法人が運営

系属校は、大学や付属高校と学校法人が別とはいえ、強い結びつきが見られることがあります。早稲田大学の系属校のひとつ、早稲田実業を例に出すと以下のような結びつきが見られます。

1、トップが同一人物
早稲田大学総長の田中愛治氏が、早稲田実業の理事長も務めている

2、附属高校と広報や募集で連携
早稲田高等学院や早稲田本庄高等学院とも、学校WEBサイトで相互リンクを設置していたり、合同で受験説明会を開催したりしている

【注記】
■学校法人早稲田実業学校
・早稲田実業学校(系属校)

■学校法人早稲田大学
・早稲田大学
・早稲田大学高等学院(附属校)
・早稲田大学本庄高等学院(附属校)

附属校と系属校の具体例

明治大学を例に挙げると、以下のような附属校・系属校があります。

■附属校 (学校法人明治大学が運営)
・明治大学付属明治高等学校・中学校

■系属校 (学校法人中野学園が運営)
・明治大学付属中野高等学校・中学校
・明治大学付属中野八王子高等学校・中学校

ちなみに、「附属」と「付属」は単に漢字表記の違いであって、実質的な違いはありません。法令上は「附属」と記載されているため、国立校の場合は「附属」と表記していますが、私立校の場合は「付属」を正式名称として用いる学校もあります。また、系属校であっても「○○大学付属」という名称を使う学校もあります。

附属校と系属校に有利・不利はある?

附属校と系属校に、有利・不利はあるのでしょうか? 運営法人の関係から、附属校は系属校より大学との結びつきが強いことが一般的です。たとえば、中高生でも大学の設備を利用できたり、大学の教員が中学校や高校で特別講義をおこなったりすることもあります。しかし附属校でも学校ごとに異なりますから、附属校のほうが系属校よりよいとは一概にいえません。

大学に無試験で進めるとは限らない

附属校・系属校ともに、外部生よりも優先的に大学に進学できる枠(内部進学枠)が用意されています。内部進学枠に魅力を感じて志望する受験生や保護者も多いことでしょう。しかし附属校・系属校だからといって、無試験で大学に上がれるとは限りません。高校の成績によって進学可否を決める学校もあります。

たとえば、日本大学の附属校には内部進学枠がありますが、「基礎学力到達度テスト」をおこない、その成績が低いと内部進学の道は厳しくなります。また一定の基準点に達していないと、希望の学部や学科には進めなくなっています。

このように学校によって異なるので、「附属と系属のどちらがよいか」を考えるより、学校ごとにどう違うかに注意を払うほうが、有意義な学校選びにつながります。

附属校や系属校を目指すときのチェックポイント

志望校選びでは、附属・系属という名前だけでなく、個々の学校についてよく調べてから選ぶことが大切です。

大学への内部進学を優先して学校を選ぶ場合は、「内部進学率」(全卒業生のうち系列の大学に進学した割合)は参考にしたい指標です。日本大学の場合、内部進学率は各附属校によって大きく異なることもあり、そこから各校のカラーの違いも見えてきます。

内部進学率の高い附属校や系属校でも、日本大学のように大学進学のための試験を実施する学校もあれば、慶應義塾大学のように“無試験”のいわゆる「エスカレーター式」の学校もあります。こうした違いを知るためにも、中学校の説明会に足を運び、大学進学状況を正確に知っておく必要があります。

ちなみに無試験で大学に進学できる附属校や系属校は、中高6年間を大学受験の勉強以外に使える時間が多いため、さまざまな活動を通じて豊富な経験を積むことが可能です。これは大きな利点ですが、それだけ人気も高くなるので、中学受験の段階で相当の努力が必要となります。

子供がもっとも成長できそうな学校を

大学入試制度が過渡期にあり、先行きが不透明な部分も多いことから、大学の附属校や系属校が高い人気を誇るのもうなずけます。しかし大学進学は大切な要素ではあるものの、それだけで中学校の価値が決まるものではありません。附属校や系属校の特徴を知ったうえで、子供がもっとも成長できそうな中学校を選びたいですね。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい