中学受験ノウハウ 志望校選び

宗教教育をおこなう学校の特徴 キリスト教系と仏教系に分けて紹介

2020年6月24日 吉崎 正明

私立の中高一貫校のなかには、宗教教育を取り入れている学校があります。これは公立の学校では見られない特色です。宗教校は、その教育理念に沿って大きく以下の2つに分けられます。

・キリスト教(カトリック系・プロテスタント系・聖公会系)
・仏教系

それぞれの特徴とともに、宗教教育をおこなう学校について具体的な校名を挙げつつ紹介します。

「入信」する必要はなし

宗教教育をおこなう学校では、それぞれの道徳を通じた宗教教育を、思春期の教育の一環としての人格形成に役立てています。宗教の歴史や内容を学ぶこともありますが、どちらかというと「教育の一環として宗教を導入している」といったイメージを持つと良いでしょう。事実、入学の際に「その宗教のことを知らなくても大丈夫です」と打ち出している学校ばかりですので、その宗教に触れるのがはじめてでも大丈夫です。

ちなみに日本では、「信教の自由」が保障されています。そのため宗教教育をおこなっている学校に進学したからといって、必ずその宗教を信仰しなければならないという強制力もありません。

キリスト教系の宗教教育をおこなう学校

キリスト教系の宗教教育をおこなう学校は、その宗派によって大きく3つに分けることができます。

■キリスト教系の宗教校
・カトリック系
・プロテスタント系
・聖公会系

カトリック系

カトリックは、伝統を重視し、自分を律することを信条としています。勉強に関しても、自分を律し、鍛える場として考えられています。そのためカトリック系の学校は、勉強に対し熱心で、生活や礼儀作法などに厳格な雰囲気の学校が多いですね。

修道会が設立したこともあり、男女別学が多いことも特徴です。男子校では栄光学園・聖光学院・サレジオ学院・暁星など、女子校では浦和明の星・カリタス・白百合学園・湘南白百合・雙葉・横浜雙葉などが挙げられます。カトリック系の学校の象徴として、これらの学校の校内にはマリア像がありますから、学校見学などの際に探してみると良いでしょう。

プロテスタント系

プロテスタントは、カトリック教会への反対運動により分離した教派です。個性と自主性を育むことを信条とし、考え方も千差万別な点が特徴です。その流れからか、プロテスタント系の学校は自由で明るい雰囲気の学校が多いです。

一方で礼拝の時間などは厳格で、マナーも大切にしています。女子校が多いのはもちろんですが、共学の大学付属校も多いです。女子校では女子学院・東洋英和女学院・フェリス女学院・横浜共立学園など、共学校では青山学院・明治学院などが挙げられます。

聖公会系

キリスト教系の学校のなかには、英国国教会による「聖公会系」もあります。カトリック教会から分かれ、誕生した宗派のため、カトリック教会の信条などの流れを汲みつつ、一方でプロテスタントの教えの影響も受けているため、カトリックとプロテスタントの“中立的な宗派”として知られています。

男子校では立教池袋・立教新座、女子校では香蘭女学校・立教女学院などが挙げられます。学校生活はプロテスタント系に近く、比較的のびのびしている一方で、毎朝の礼拝はしっかりとおこないます。

仏教系の宗教教育をおこなう学校

仏教系の学校は、キリスト教系の学校と比較するとパッと見ただけでは宗教色を感じさせない学校がほとんどです。仏教の流れを汲む学校らしく、学校の近くに寺院があることは多いですね。こうした環境を生かし、学校行事のなかに礼拝や法話を聴く機会を設けるなど、豊かでおだやかな心を育んでいます。禅宗(臨済宗・曹洞宗など)の流れを汲む学校では、座禅を体験できる機会もあります。

仏教系の学校としては、男子校では世田谷学園や鎌倉学園、芝などが有名です。女子校では国府台女子学院や駒沢学園女子、共学校では文教大学付属や宝仙学園(共学部)などがあります。

無宗教の学校でも「人間教育」の機会は多い

無宗教の学校では、キリスト教系や仏教系の学校のような宗教教育の機会は多くありません。しかし宗教教育がなかったとしても、独自のプログラムやイベントを多くおこない、さまざまな体験の機会を提供することで、生徒の人格的な教育に励んでいる学校は多くあります。

たとえば、卒業生や著名人を招き講演会やキャリアガイダンスをおこなったり、語学留学の機会を積極的に取り入れたりなど、学校の先生の熱意により、特色のある“仕掛け”をたくさんつくっている学校は少なくありません。

一例として逗子開成中学では、近隣に逗子の海岸があることを生かし、遠泳やヨット製作・帆走などの海洋教育に力を入れています。遠泳では先生たちの粘り強い指導もあり、当初まったく泳げなかった生徒も含め、逗子湾での約1,500mを毎年全員が泳ぎ切っているそうです。そしてヨット製作では、ひとつのヨットをグループごとに交代で製作し、何か月もかけて完成させます。こういった体験を通じて、やりきることの達成感や、仲間と協力することの大切さといったことを学んでいるのです。

特色を意識しながら学校選びを

宗教教育をおこなう学校では、宗教を通じて思春期の豊かな心を育てようと取り組んでいます。もちろん無宗教の学校でも、独自のプログラムなどを通じ、一生懸命に生徒と向き合っています。それぞれの学校の特色を意識しながら学校選びをすることで、新しい気づきが得られるでしょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい