学習 理科

理科の太陽と月が難しい? 原理を理解して天体分野を得意にしよう!

2018年1月23日 みみずく

理科の天体分野では、太陽と月の動きに関する問題がよく出題されます。方角や計算も入ってくるため、難しいと感じる受験生も少なくないでしょう。そんな太陽と月について、基本的なことを整理して紹介します。

地球の自転と公転によって太陽が動いて見える

太陽は高温のガスが集まった球体で、自ら光を発する恒星です。半径は約70万km。大きさは地球の約109倍。地球に降り注ぐ太陽光は、植物の光合成だけでなく、あらゆる生物の活動で役立っています。

太陽が東から昇って西に沈むのは、地球が自転しているから

天体が自らの内部にある軸の周りを回転することを「自転」といいます。一方、天体がほかの天体の周りを回ることを「公転」といいます。

実は太陽も自転や公転をしています。しかし、地球上で太陽が動いて見えるのは、太陽の自転や公転ではなく地球の自転や公転が理由です。

地球は、北極と南極を結ぶ地軸を中心に、24時間で1回転します。そのため、太陽は、1時間で15度(=360度÷24時間)動いているように見えます。

地球の自転の向きは西から東です。この向きと太陽の動く向きは反対になるので、太陽は東から昇って西に沈みます。日本を含む北半球では、北極周辺をのぞいて、太陽が真南に来たときに高度が一番高くなります。このことを「南中」といいます。

日本に四季があるのは、地球が地軸を傾けて公転しているから

地球は、太陽の周りを1年で1回転します。この公転の向きも西から東です。

地球の地軸は23.4°傾いています。そのため、地球の位置によって太陽光のあたり方が変化する日本には、春夏秋冬の四季が見られます。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/