連載 中学受験との向き合い方

子供が幸せをつくっていくための仕掛け ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2020年8月11日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

「この子には幸せになって欲しくない」と願いつつ、十月十日待って子どもを産むお母さんには会ったことがありません。さらに誕生の瞬間には、明石家さんまさんの名言のように「生きてるだけで丸儲け」とお感じになる方がほとんどではないでしょうか? 産院などで赤ちゃんを取り上げてもらった時に「元気な赤ちゃんですよ」と言われてガッカリする親御さんをこの拙稿の対象にはしていません。

親のwants(たい)

「元気に生まれてくれてよかった!」からスタートしても、いつまでもその気持ちだけでは収まらないのが人間の性です。「○○させたい」「○○してほしい」と、ざまざまなwants(たい)が湧き出してきます。親御さんにそのwantsの原点を尋ねれば「わが子に幸せになって欲しいから」とお答えになるでしょう。中学受験も同様です。

受験をさせる目的はさまざまですが、共通するのは「子供自身の幸せのために中学受験をしてほしい」という想い。しかし親御さんが望んでも、入試会場で問題を解くのは子供自身です。本人のやる気がなければ合格は難しいでしょう。

ですから親御さんにできることは、子供が「受験をすることが自分の幸せにつながるんだ」と考えられるように導くことです。では受験を通じて子供自身が自分の幸せについて考え、その先にある中学校生活を楽しく過ごせるようになるためには、どのようなことに気をつければいいのでしょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

投書箱

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。