連載 桜井信一の中学受験相談室

率直にお聞きします。桜井さんは、お嬢さんの桜蔭合格には何が足りなかったとお考えでしょうか|下剋上受験 桜井信一の中学受験相談室

専門家・プロ
2020年9月08日 桜井信一

『下剋上受験』でおなじみ、桜井信一さんが中学受験を考える親御さんのさまざまな悩みに答えます。今回は小5のお子さまをもつ親御さんからの相談です。

今回の相談

国語が苦手な小5の娘を持つ親です。桜井さんのブログいつも拝見しています。著書もほぼ読破しています。

桜井さんの国語の理路整然とした説明のおかげで、今まで感覚でなんとなく解いていたのが、スッキリしました。

今、少しずつ娘と実践しているところなのですが、娘に感想を聞くと「よくわかったけど、これだけすごい方法で勉強しても桜蔭は不合格だったんでしょ。私、自信ないなー」と言います。

桜井さんのお嬢さんが「国語で点が取れなかった結果、不合格だった」というワケではないのかもしれませんが、トータルで見て、お嬢さんには何が足りなかったとお考えでしょうか。過去問対策でしょうか。

失礼な質問だと思います。ですが、単にミーハーな気持ちでお伺いしているわけではないことはご理解ください……。桜井さんの率直なお考えを伺いたいと思った次第です。よろしくお願いいたします。

相談者:とんちゃん
お子さまの学年:小5


桜井さんの回答

とんちゃんさま、はじめまして。

足りなかったのではなく、入学できない運命だったんだと思います。「運命」なんて考え方はまるで持っていなかったのですが、中学受験からしばらくして「運命」を強く感じることになりました。

うちの娘は入学できなくてよかったと思うのです。最初は負け惜しみのようで口に出さなかったのですが、もうずいぶんと経ちますからね。うちは卒業した中高一貫校で過ごすことが最良の道だったと信じています。

国語の題材は何が出るだろうか、脳死や戦争の問題はもう出ないだろうか、色々考えて準備しました。父娘で様々な題材についてディスカッションし、受験に備えました。たとえば、原爆が投下されたことにより、「広島」は「HIROSHIMA」となった。この意味をとらえるって確かに小学生には厳しいと思いますが、それもだんだん慣れてきました。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

桜井信一
この記事の著者
桜井信一 専門家・プロ

オンライン塾「下剋上受験塾」主宰。中卒の両親のもとで育ち、自らも中卒になる。 娘の下剋上のために一念発起して小5の勉強からやり直す。塾には行かず、父娘の二人三脚で偏差値を41から70に上げ、100%不可能とされた最難関中学「桜蔭学園」を目指した。その壮絶な受験記録を綴った『下剋上受験』はベストセラーに。 2017年1月には待望のドラマ化。学習講座「桜井算数教室」「国語読解記述講座」にはのべ2000人の親子が参加し人気を博した。2020年、オンラインの「下剋上受験塾」を立ち上げた。

[関連]

父娘の記念受験(公式ブログ)
下剋上受験塾