中学受験ノウハウ 習慣づけ

小6秋以降にグッと成績が伸びる子の「5つの共通点」

2020年10月07日 石井知哉

夏前や、夏休み明けの模試では思うような成績が出ていなかったのに、秋以降になるとグッと成績が伸びていく子たちがいます。多くの受験生を見てきた私から見るに、こうした子には5つの共通点があるように思います。

秋以降に伸びる子の共通点

中学受験では、6年生の秋以降に成績を伸ばすのは簡単なことではありません。どの受験生もがんばるので、差がつきにくいからです。それにもかかわらず秋以降に偏差値を上げていく受験生には、次の5つの共通点が見られます。

・「自分のための受験」になっている
・謙虚で素直である
・基礎を大切にしている
・心身ともに安定している
・親子の足並みがそろっている

これら5つがバランスよく備わっている子は、1~2月の入試本番の時期までメキメキと力を伸ばしていきます。いわゆる「逆転合格」や、「下剋上合格」を成し遂げる可能性も高くなるのです。

「自分のための受験」になっている

「受験は、自分の意思で選んで、自分のためにするものだ」と思えている子は、勉強に対して前向きにねばり強く取り組みます。秋以降の模試では、いよいよ合否の判定も出るようになります。ときには「合格率20%未満」「志望校を再検討」など、ショッキングな結果を目の当たりにして、不安で心が折れそうになるときもあるでしょう。そんなときでも、子供本人に「自分で選んだ中学にどうしても入りたい!」という気持ちがあれば、乗り越えていくことができるのです。そのためできる限りはやめに、中学受験を子供にとっての「自分ごと」にしておくことが大切です。

謙虚で素直である

わずか1点の差で合否が分かれる入試を勝ち抜くためには、「心のあり方」も大切です。もちろん自信を持つことは大切ですが、自分の力を過信するのも困りもの。ふだんの勉強や小テストの間違い、わからない問題などに対して「まあいっか、次はたぶんできるし」「こんな問題どうせ出ないよね」と真剣に考えようとしない子は、同じような問題が出てきたときに正解できません。一方で、親や先生からのアドバイスを素直に受け入れ、すぐに実行する子は大きく成長していきます。教えに耳を傾け、教わったことをすぐに実践する意識と習慣も、はやめにつくっておきたいですね。

基礎を大切にしている

6年生の秋の段階で得点を上げるには、どの教科であっても、各単元の基礎的な問題を確実に取れるようにすることが重要です。基礎があやふやだと、応用問題にも対応できません。ですから、総合演習や過去問演習で発見した弱点は、4・5年のテキストに戻って復習するなど、補強していく作業が欠かせないのです。

多くの塾では、夏までにすべての学習範囲を終えるカリキュラムを組んでいます。そのため秋以降は、新たな単元より、総合演習や過去問演習が多くなります。この時期は、過去に学んだ全範囲からまんべんなく出題される演習がほとんど。なかには、指定された範囲なら点が取れるのに、単元をシャッフルされると太刀打ちできない……という子も出てきます。そしてこうした子は、基礎がまだまだ固まっていない可能性が高いのです。遠回りのように思えるかもしれませんが、受験が近づくこのタイミングでも基礎を大切にし、反復学習の手を抜かないことが、最後の伸びを支える土台になるのですね。

心身ともに安定している

健康で、精神的に落ち着いていることも秋以降に伸びる子の特徴です。体調や気持ちの面でペースを崩すことなく、勉強に集中できるからです。体調管理については、睡眠や食事など、家庭での過ごし方がカギを握ります。そのため、親の役割も重要です。精神面でも子供をサポートできるよう、ふだんから子供の表情や言動の細かなところまでよく見ておけると良いですね。

親子の足並みがそろっている

「第1志望や併願校をどこにするか」など、親子の間で考えにズレがあると、その解決に向け、貴重な時間とエネルギーの多くを費やしてしまいます。そのため、同じ目標に向けて突き進んでいけるよう、親子の足並みがそろっていることも欠かせません。日頃から親子で密なコミュニケーションを取っていくことも、子供の成長を支える大切なポイントです。

「実りの秋」を迎えるために

受験は、植物を育てることに似ています。土を耕し、種をまき、水をやり、雑草を抜き、虫を除ける――。春から夏にかけては、こうした地道な積み重ねが続きます。そしてその過程を経るからこそ、秋以降の収穫の時期を迎えられるのです。夏までに努力を重ねてきた親子のみなさんに、実り豊かな秋が訪れることを願っています。

※記事の内容は執筆時点のものです

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。