中学受験ノウハウ 模試

現役塾講師が模試の結果で見るポイント。偏差値や合格判定との付き合い方も

2020年11月18日 石井知哉

入試本番に向け、模試が本格的に始まっています。その結果に、一喜一憂していませんか? 間近に迫ってきた入試に向け、模試の結果を成績アップに結びつけるポイントについて解説します。

塾講師が時間をかけて見るポイント

模試の結果が返ってきたら、何を気にしますか? 偏差値ですか? 合格の可能性? それとも、ほかの項目ですか?

もちろん、塾講師も塾生の偏差値や合格判定はしっかりと見ています。しかし最も時間をかけて見る項目は、教科ごと・単元ごとの得点です。なぜなら、その子の「伸びしろ」を把握できるからです。教科ごと・単元ごとの得点こそが、受験生の成績を上げるポイントだと知っているのですね。

具体的には、模試の結果が返ってくると、まずは受験生全体の正答率を問題ごとに確認します。そして、その子が正解できなかった問題のうち、正答率の高いものをチェック。その後は、その問題を伸びしろと考え、「そこを正解できたら何点上がるか?」「次回の模試までにどんな勉強をさせるか?」といったことを考えつつ、次の模試の目標を設定します。

このように塾講師は、現状の把握と、今後の成長のための参考として模試を活用しています。偏差値や合格判定などは、あくまで参考として捉えているのです。

模試の「偏差値」との付き合い方

そうは言っても、模試の結果を見るときは偏差値に目がいってしまいますよね。そこで、模試の偏差値を見るポイントを紹介します。

まず現在の偏差値と、目標校の偏差値とのギャップを確認しましょう。思わずため息が出そうになるかもしれませんが……、そこはぐっとこらえてください。大切なのは、そのギャップを埋めるために何ができるか考えることです。具体的には、「何点上げるか」と考えるようにしましょう。得点は子供本人の努力で上げられ、勉強の計画も立てやすいからです。

模試によっては、得点の分布と対応偏差値が一覧になっています。こうした模試の場合、まずは何点になれば目標とする偏差値に届くか割り出してみましょう。そのうえで、設定した得点まであと何点必要なのか、どの問題を正解できれば良かったのか、といったことを考えます。こうしたステップを踏むことで、次の模試の目標と、日々の勉強計画が定まっていきます。

一方で模試の結果を見たときに、「偏差値を上げよう!」とやみくもに考えるのはおすすめできません。偏差値は、受験生全体の成績との比較で決まるもの。わが子が何をどう勉強すれば偏差値が上がるのかといったことまでは、模試の偏差値を見るだけでは把握できないのです。さらに、偏差値だけを見ていると「とにかくがんばろう」と子供に声をかけ、何が良いのか悪いのかあいまいなまま突き進んでしまうことも。漠然とした不安ばかりつのり、睡眠時間を削って勉強時間を増やすなど、子供に負荷をかける方向に走っていってしまう恐れもあります。

繰り返しになりますが、模試の結果を見るときは「偏差値思考」ではなく「得点思考」で偏差値を捉えることが成績アップのコツです。得点思考だと勉強内容を具体的に設定しやすくなるため、子供のやる気アップにもつながります。

模試の「合格判定」との付き合い方

一方で、合格判定はどう受け止めればよいのでしょうか? そもそも合格判定は、客観的な指標として重視すべきものではありますが、絶対的な指標というわけではありません。模試の問題は幅広い受験生に対応するため、特定の中学校の問題に合わせたつくりになっていません。模試の内容が、子供の志望校に沿っていないこともあるのです。そのため、1回の模試の判定が低いからといって、すぐに志望校を変える必要はないでしょう。

ちなみに「A判定が出ていないから不安」と思う親御さんは少なくありません。気持ちはわかりますが、A判定(合格可能性約80%)は、その学校に上位で合格する成績。実際、模試でA判定が出なくても本番の入試で合格する受験生は珍しくありません。逆に、A判定でも落ちる受験生もいます。むしろ、はやい段階でA判定が出た場合には、「これでもう大丈夫!」と油断して気を抜いたり、逆にプレッシャーを感じて伸び悩んだりしないように注意が必要です。

入試合格という「目標」に目を向けよう

模試は、あくまで受験勉強の「手段」です。本番の入試が徐々に迫るこの時期、模試の結果に一喜一憂して子供の勉強リズムが崩れてしまっては本末転倒です。模試の結果は前向きに、そしてこの先の勉強の参考と受け止め、入試合格という「目標」に目を向けましょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい