中学受験ノウハウ 習慣づけ

やることを見える化! わが家のルーティン表、活用実例を紹介

2020年12月08日 木村美鈴

「お母さん、次は何をしたらいい?」と毎日聞いてくる子供たち。勉強スケジュールの管理で試行錯誤した結果、わが家がたどり着いたのが「ルーティン表」でした。実例とともに作成のメリットを紹介します。

ルーティン表とは?

ルーティン表とは、「やるべきこと」と「日付」をわかりやすくまとめた表のことです。小学校でも長期休み中の学習や、早寝早起きの習慣づけのために使われています。

わが家では、6年生の子と4年生の子の勉強を“見える化”するため、それぞれのルーティン表をつくっています。マス目には具体的な勉強内容が書いてあって、それをクリアしたら「ご褒美シール」を貼るのが決まり事です。

6年生のルーティン表

6年生にもなると塾からの宿題も増え、小テストに向けてコツコツと勉強を進める必要もありますよね。すると、「何をやったらいいんだっけ?」とわからなくなることがあります。その点、ルーティン表をつくるとやるべきことが見えます。

わが家では、子供が自ら優先順位を決めて勉強に取り組むようになりました。特に6年生は、ひとつの教科のなかでもやるべきことが細かく分かれます。そのため、それぞれの欄をつくり、短時間でも少しずつ取り組めるようにしています。

4年生のルーティン表

4年生の子のルーティン表では、やるべきことを上から優先度順に並べています。子供も上から順にシールを貼りながら勉強に取り組んでいます。シールで隠れている箇所には「テキストを読む/問題A/問題B」などと書いてあって、基本的には1週間で復習が終わるように予定を立てています。4年生の宿題は6年生ほど多くないため、表はあえてすっきりさせ、勉強のモチベーションを保てるように意識したのがポイントです。

ルーティン表のメリット

ルーティン表をつくって感じたメリットは、次の3つです。

・子供の勉強のモチベーションが上がる
・教科ごとの偏りがわかる
・進捗状況がひと目でわかる

5、6年生の子をもつ保護者のなかには、「ご褒美シールなんて幼すぎるんじゃない?」と感じる方もいるかと思います。実は、私もそうでした。

ルーティン表を家庭学習に取り入れた当初、下の子にはご褒美シールを貼っていましたが、上の子には「レ点」でチェックをつけていたんです。しかしある日、上の子が「シールの表がいいな」とボソっとこぼしました。

「シールは小さい子向けのものだよ」と言いたい気持ちをグッと飲み込んで、貼ってあげることに。「シールでやる気が起きるなら……」という気持ちもあり、子供心をくすぐるように複数のシールを買い揃えるなど、工夫もしてみました。

シールに変えると、子供のやる気にみるみる火がついていくのがわかりましたね。「教科ごとの偏りがわかる」といったメリットも感じました。私の子は苦手教科を避けてしまう傾向があったんですが、苦手単元を勉強しないと、そこだけシールが貼られていないので列がすっぽり抜け落ちて見えます。そのため「この勉強をしなきゃ」と自分で反省するようになりました。

親から見ても、勉強の進捗状況がわかりやすくて助かります。私自身、すべてのマスが埋まることは期待しておらず、「7割程度できれば良いよね」といった気持ちです。

スケジュール表は合わなかった

わが家は「スケジュール表」も使ってみたことがあります。やるべきことを書いた付せんを模造紙に貼りつけて、「5時〜6時は理科をやる」など、勉強時間を細かく組み立てる表をつくっていました。達成感を得られるように、終わったら付せんをはがすなど工夫もしていましたね。

たしかに、勉強時間の目安がわかりやすいのは親にも子にもメリットでした。ただし単元によっては、いつもの倍以上時間が必要なこともあります。私の子供の場合、性格的にスケジュール通りに進められないと「今日も終えられなかった」とネガティブな気持ちになりやすかったので、結局スケジュール表は合いませんでした。ガチガチに予定を組みすぎていたのも反省かもしれません。

スケジュール表を使って感じたこと

■良かった点
・勉強時間が掴みやすかった(付せんの幅で勉強時間を示していたため)

■合わなかった点
・終わらなかった勉強に目が向きやすく、モチベーションが下がりやすい
・嫌い(苦手)な勉強を飛ばすクセがつき、1週間で一度もやらない単元もあった

わが子に合ったスケジュール管理を

子供の特性に合ったスケジュール管理法を見つけられるのは、親だからこそ。「楽しみながら勉強できるようにするには?」と考え、試行錯誤していくと、親子の距離も近くなります。お子さんの勉強がなかなか進まず悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者

フリーライターとして育児や旅行などをテーマに5年以上活動。子供の学級崩壊を経験し、知識ゼロからの中学受験勉強を親子二人三脚でスタート。楽しみながら学ぶことに重点を置き、親子で協力して中学受験を乗り切ろうと奮闘中。東京都在住。