連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

「やる気」のある子に育てるには ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2021年3月17日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

2月から受験勉強を始めた親子は多いかと思いますが、気づくともう3月が終わろうとしています。フレッシュな気持ちでやる気を保ったまま勉強に打ち込んでいる子もいれば、勉強に集中できず怠けはじめてしまっている子もいるかもしれません。多くの親御さんが子どもの「やる気の低下」に苦労していますが、実は親御さんの間違った働きかけでやる気を下げてしまっているケースも多いのです。

まずは「基本」ができてから

子どものやる気を高めるために、「合格を目標に勉強しようね」と伝えていませんか? しかし入塾してすぐの場合には、こうした長期的な目標を伝えるのはあまりおすすめできません。なぜなら、受験生としての「基本」を押さえることが先決だからです。

知識を蓄えるためには、まずはそれを可能にする体力や生活習慣が欠かせません。たとえば休まずに塾に行くこと、授業を受けてノートをとること、宿題を期限までに提出すること ―― 。こうした受験生としての基礎の部分をまずは目標に据えましょう。当たり前に思える小さな目標で構いません。小さな目標の積み重ねこそが、これから本格化する受験勉強の大きな土台となります。そして基本の部分が問題なくできるようになったら「しっかりやっているね。その調子で頑張っていこうね」と子どもをほめてあげてください。テストの点数や、偏差値などについて目標を立てるのはそれからです。

やる気が上がる声掛け

受験生としての基礎が身についたら、次は勉強の具体的な目標を立てていきます。このとき、何を目標とするかで子どものやる気は変わります。ちなみに私が生徒たちを指導しているなかで感じるのが、やる気の出やすい目標、そして声掛けは男の子と女の子で少し違うということ。たとえば男の子は、将来の自分をイメージさせながら目標を伝えるとやる気を出すことが多いですね。「この単元をクリアできたら、来年は偏差値60を超えちゃうかもね!」といった声掛けが彼らの心に火をつけます。

一方で多くの女の子は、遠い未来の目標はあまりピンとこないようです。そのため私は、少しずつ乗り越えられる目標を彼女たちに与えるようにしています。「この問題ができたのか! じゃあ、次の問題も絶対に解けるはずだよ」といった声掛けで背中を押していくと、勉強に対してやる気が上がる子が多いです。

もちろんどんな声掛けでやる気が出るかは、子ども一人ひとり異なります。反応を見つつ、やる気が上がる声掛けを探してみてください。

「自分の力でできた!」が自信を育てる

次はできるかもしれないな、もっとやってみよう、と子どもが思うためには「自分の力でできた!」という経験の積み重ねが欠かせません。

たとえば、苦手な単元があるとき。「うちの子が○○の単元が苦手なので、補講をお願いしたいのですが……」とお願いに来られる親御さんは多いですが、補講によってその子の苦手意識がすべてなくなる、といったことは残念ながらありません。補講は、あくまでもその単元を理解するためのきっかけ。この段階では「なんとなく理解できたかも」といった状態になっているだけなのです。もちろんこれでも大きな一歩ですが、子どものやる気はまだ上がっていません。

そこで大切になるのが、親御さんの働きかけです。苦手な単元を子どもが自宅で勉強しているとき、手が止まっていたり、悪戦苦闘している様子が見えたりするときは「先生にもう一度聞きに行っておいで」と背中を押してあげましょう。このとき、勉強を教えたい気持ちはグッと我慢します。親ができるのは、子どもが行動を起こすきっかけを与えること。きっかけは親であったとしても、自分自身で苦手に向き合い、試行錯誤しながら理解していく過程のなかで、子どもの心のなかには「自分でもできる!」といった自信が芽吹いていくのです。

「成長のチャンス」に目を向ける

子どものやる気を上げるためには、“成長のチャンス”に目を向けることも大切です。たとえば模試やテストで「×」がついたとき。このとき意識したいのが、100点のテストで70点であれば「30点分の学びのチャンス」があるということです。一方で子どものやる気を大きく下げてしまうのが、30点を“ミス”と捉えて叱ってしまうこと。ミスしたことを責められた子は「間違い=悪いこと」と考え、失敗を恐れるようになります。そしてまた点数が低いと親に怒られてへこみ、立ち直るのに時間がかかって成績が伸びない……といった悪循環に陥るケースが多いのです。

子どもがテストの点数に落ち込んでいるようであれば、まずは励まし、正解できた部分に目を向けさせてあげてください。そしてできなかったところは「伸びしろ」と捉え、見直しを促してあげるのです。ミスは、成長のチャンス。子ども自身がこう思えると、勉強に対してのやる気がさらに高まっていきます。

「楽しそうな大人」についてくる

ちなみに「子どものやる気を上手に上げているな」と私が思うのが、楽しそうにいつもニコニコしている親御さんです。こうした親御さんは「家族みんながそろっていることが幸せ」といった気持ちで子どもに接しているようですね。子ども自身も、こうした家庭では安心して勉強に打ち込めます。一方でこうした親御さんは、子どもが間違った道に進もうとしているときは毅然とした態度で「それはダメ!」と伝えるメリハリも持ち合わせています。雷を落とすのは多くとも年に数回程度。毎日怒るのではなく、たまに怒るほうが子どもにとって効果的ということも理解しているのでしょう。

子どもが落ち着いて勉強に臨むためには、「家にいると気持ちが休まる」「親から見守ってもらえている」というふたつの安心感が必要です。そして、毎日楽しそうに過ごしている親に子どもはついてくるのです。

やる気に火をつけるために

これから先の中学受験をより良いものにするためには、スタートダッシュが肝心です。そして「やる気」という名のエンジンに火をつけるためには、子どもを適切にナビゲートしていく親の存在が欠かせません。子どものやる気が見えない場合でも、まずは怒るのではなく、冷静な姿勢で子供の声を聞いてあげてください。「楽しそうに塾に通っていたら、まあ良いかな」とある意味割り切って考えるのもひとつの方法です。入塾してすぐに成績が上がるとは限りませんから、気長に成果を待ちましょう。中学受験はまだまだ始まったばかり。親としての心構え、接し方を少しだけ見直し、子どものやる気に火をつけられると良いですね。

悩める親御さん向けセミナー開催!
「ゆる中学受験コミュニティ」>>詳細はこちら

主催:進学個別桜学舎


これまでの記事はこちら
親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

※記事の内容は執筆時点のものです

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。TJK東京私塾協同組合員、第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。YouTube「下町塾長会議」構成員。著書「ゆる中学受験ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)、「めんどうな中学生(わが子)を上手に育てる教科書」(ブックトリップ)、構成・問題監修「LIZ LISA Study Series中1/中2」、監修「おっぱっぴー小学校算数ドリル」(KADOKAWA)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。