中学受験ノウハウ 連載 中学受験との向き合い方

中学受験で親子の亀裂・対立を解消するには ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2021年7月27日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

前回はギクシャクした親子関係を改善するために、コミュニケーションを見直すという話をしました。今回は、親子関係がこじれてしまった状態を“解消”する方法について考えます。「自分の言うことにまったく耳を傾けてくれない!」と嘆くだけでは、一向に受験本番に向けて歩みを進めることができません。お互いのわだかまりを解消して受験に向けて足並みを揃えて前進していくことが、子供のパフォーマンスを上げるためにも大切です。今回は関係を改善するコツをお伝えします。

相手を否定しないことが重要なスタンス

親子関係に不和が生じているときは、互いに「どうせ話したってわかってくれない……」という気持ちが高まっています。これを解消するためには、お互いに腹を割って話し合うべきです。このとき重要なスタンスは「お互いに相手を否定しないこと」というスタンス。何かをひとつでも否定されてしまうと、話を続けにくい気持ちが生じます。否定したくなる気持ちがあっても、グッと我慢して相手の意見に耳を傾けること。これが基本的なマナーです。

ただ、どうしても気持ちが抑えきれないとか、相手が冷静な気持ちで話を聞いてくれなさそうなときには、第三者を介入させて話し合うこともひとつの手段です。

ある親子の実例

私も以前、関係に亀裂の生じている受験生親子の話し合いに、第三者として介入させてもらったことがあります。6年生の10月になっても、お子さんは受験を嫌がっていて、塾にも行かない状態。お母さんはとても困っている様子でした。ただ、その話し合いの場には、お子さんもしっかり同席していたんです。私はそこに一縷の望みがあると感じました。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

投書箱

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。