連載 好奇心を育む東大式子育て

東大生の保護者に学ぶ 小学生の好奇心の育み方|自信をつけて伸びる子に! 好奇心を育む東大式子育て

2021年10月12日 橋本拓磨

好奇心と自信を持つ子はどう育つの? 『10歳からの東大式勉強術入門』の著者・橋本拓磨さんが、中学受験を視野に入れる保護者さんのために解説します。

中学受験でもその後の勉強でも、好奇心のある子は強いです。知らないことを「知りたい!」と思える力は、勉強の原動力になるからです。そんな好奇心を小学生のうちにどう育むのか? 普段の生活でできることを東大生保護者へのアンケートも踏まえてお伝えします。

好奇心を持っている子は強い

中学受験に限らず、自分が知らないことに対して「知りたい!」と感じる気持ちは重要です。そこから主体的に物事を調べたり、新しいことに挑戦したりすれば、得られるものがさらに広がります。まずは好奇心のある子が勉強の面でも強い理由を見ていきましょう。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

橋本拓磨
この記事の著者

小中高生向け個別指導塾「SUNゼミ」・大学受験学習塾「STRUX」塾長。東京大学法学部卒。地方トップの高校に首席入学、文系首席で卒業後、東京大学文科1類に現役合格。在学中より学習計画を立てて自学自習を指導する学習塾STRUXを立ち上げ、2020年からは小学生~高校生に向けた個別指導塾SUNゼミでさまざまな学年を対象に、勉強を通じた成功体験を提供できるよう指導している。著書『現役東大生が伝えたいやってはいけない勉強法』『10歳からの東大式勉強術入門』で東大生へのアンケートを実施し、勉強法・子育てのコツを発信している。