連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

志望校変更の「落とし穴」 ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2021年11月29日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

「本当に志望校に合格できるか心配」
「これからも成績は伸びるかな……」

入試が近くなればなるほど、こうした不安が湧いてくるものです。塾にも「志望校のランクを下げたい」といった相談が増えてきます。もちろん、志望校を変えること自体は悪いことではありません。しかし親の事情を優先させるあまり、肝心の「子どものモチベーション」を損なってしまっては本末転倒です。

志望校変更の“落とし穴”

私の塾・進学個別桜学舎に限らず、生徒が学ぶ様子を間近で見ている塾では、受験本番までの“伸びしろ”を計算に入れて受験校を提案しています。たとえば、答えは合っていても正確に理解できているか怪しい子、面倒くさいやり方でも愚直に計算して正解にたどり着く子など、生徒によって問題に向き合う姿勢はさまざま。そしてこうした様子をつぶさに観察していくと、「この先どれくらいまで伸びるか」といったことをある程度予測でき、受験校の提案につなげられるのです。

一方で、なかには「勉強を教えること」だけをメインとしている塾もあります。こうした塾に通っている場合には「受験プラン」をご家庭で練り上げる必要も出てきますが、特にこのような家庭では、志望校変更を考える際に次の3つの“落とし穴”にはまりがちなので注意しましょう。

志望校変更の“落とし穴”

  • 安易に目標を下げてしまう
  • 偏差値に固執してしまう
  • 親の意向だけで変更してしまう

安易に目標を下げてしまう

入試が近づくにつれ、子どもの偏差値が志望校に届くかどうかを過度に気にしてしまい、「志望校のレベルを下げたい」と話す親御さんは少なくありません。もちろん、最後は家庭の方針なので良い悪いはありませんが、「受からないだろうから志望校を変えよう」と安易に考え、子どもにそのまま伝えてしまうのはNG。それを言われた子どものモチベーションがポキっと折れてしまう可能性があるからです。

モチベーションを下げない伝え方

志望校のランクを下げたいことを子どもに話す場合には、次のように伝えるのがおすすめです。

「学校のランクは少し下がるけど、この学校は絶対に合格しよう! 合格すれば、これまで考えていた志望校も受験できるかもしれないからね」

大切なのは、「頑張れば、本来考えていた志望校も受験できるよ」といったかたちで可能性を残してあげること。そもそも、入試直前で志望校に向けた“はしご”を外されてしまうのは、学力の面では仕方ないとしても子どもにとっては悲しい出来事。場合によってはモチベーションダウンの要因となってしまうので、たとえ受かる見込みが低くても、まずは自分の力で最後までチャンスをつかめるようなステップを用意してあげることが大切なのです。たとえば2月1日は合格可能性の高い学校を受け、その学校に合格すれば、2日目以降に「挑戦校(これまでの志望校)」を受けるスケジュールに組み直す、といった手も考えられます。

そして、挑戦校の受験までたどり着いたとして、結果として不合格に終わってしまったとしても、「合格に向けて最後まで一生懸命頑張った」という経験は子どもの糧となって残り続けます。そして親御さんとしては、「最後までよく頑張ったね。縁がなかったのは残念だけど、諦めないで戦うのは大切なことだよ。これからも頑張っていこうね」と励ましつつ、中学入試を笑顔で締めくくるのが理想的のかたちともいえるでしょう。

偏差値に固執してしまう

入試本番が近づくにつれ、「合格の可能性があるなら難関校に合格させたい」「少しでも上の偏差値の学校に入れたい」といった想いが行き過ぎてしまう親御さんも見受けられます。先ほどの「志望校を下げる」のパートでお話したことと同じく、志望校のランクを上げること自体に良い悪いはありません。ただし、あくまで中高6年間を過ごすのは子ども、ということだけは忘れないようにしてください。

「軸」を振り返ろう

偏差値だけにとらわれ、学校の“中身”の部分、たとえば教育内容や生徒の雰囲気などをないがしろにしてしまうと、子どもにとって辛い6年間を過ごすことにつながりかねません。さらに親御さんとしても6年間付き合っていく学校になるため、偏差値だけを基準に“中身”を見ないのは、リスクをかなり背負っている行動ともいえます。特に、キリスト系の学校を志望していたのに仏教系の学校に変えたり、校則のゆるい学校から厳しめの学校を目指してみたり、といった変更には要注意。このように軸が大きくぶれているときは、いま一度「わが子にどんな教育を受けさせたいのか」といったことを冷静に振り返るようにしましょう。

親の意向だけで変更してしまう

親の意向だけで志望校を変更してしまうのもおすすめできません。前述のように、あくまで中高を過ごすのは子ども自身。特に小学6年生ともなると、子どもにも自我が芽生えてきます。私の塾の生徒のなかにも、「お父さんからは〇〇中学を受験しろ、と言われてきたけど、やっぱり私は■■中学を受験したい」と相談に来るような子は珍しくなく、たとえば「中学では卓球部に入りたい!」という理由で志望校を直前で変更した子も。このとき、親御さんは子どもの意見を尊重し、その子も無事に憧れの学校に合格しました。

認識のすり合わせは最後の最後まで

受験生活が終盤に近付いてきても、「どこを受けるか?」という認識のすり合わせは最後まで子どもと一緒におこないましょう。親としては「子どもに受けさせたい教育」などがあるでしょうし、一方で子どもとしても「理想の学校生活」を描いているものです。それらを話し合い、親子共に納得のいく受験プランを立てることが、後悔のない学校選びをする上では特に大切なこと。そして志望校を変更したとしても、子どもが「行きたい」と思える学校であれば、入試が終わるその日までモチベーション高く勉強に集中できます。何よりも、子どもが変わらず前向きに勉強を続けている姿は、親御さんとしても大きな安心につながるはずです。

志望校変更は、あくまで慎重に

連載の初回でお伝えし、ここまでも何度かお話してきましたが、そもそも中堅校の入試は「基本レベル」の問題が多く出題されます。そのため難関校のように、学校ごとの問題の特徴をこまかく分析し、それに類似する問題をたくさん解く、といった準備はそこまで必要ありません。もちろん、たとえば「大問3にはどんな問題が出題されているか」といった確認の意味で過去問を解くことは大切ですが、中堅校の場合、志望校を変えても勉強の内容自体は大きく変わらないのです。

ただし「志望校を変えやすい」とは言え、中堅校と言ってもその特徴や個性は学校によってさまざま。つまり志望校を変更するにせよ、中高6年間のイメージを親子でしっかり持った上で志望校を決めていく、という作業自体は変わりません。

入試本番が近づいて来くると、どうしても焦ってしまい、短期的な視点になりがちですが、こうした時だからこそ「なぜ中学受験をさせるのか」「どんな大人になってほしいのか」といった長期的な視点をぜひ取り戻してください。そして「合格する」と決めた学校に向けて親子一丸となり、入試本番までの時間を全力で駆け抜けましょう。

悩める親御さん向けセミナー開催!
「ゆる中学受験コミュニティ」>>詳細はこちら

主催:進学個別桜学舎


これまでの記事はこちら
親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

 

※記事の内容は執筆時点のものです

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。TJK東京私塾協同組合員、第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。YouTube「下町塾長会議」構成員。著書「ゆる中学受験ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)、「めんどうな中学生(わが子)を上手に育てる教科書」(ブックトリップ)、構成・問題監修「LIZ LISA Study Series中1/中2」、監修「おっぱっぴー小学校算数ドリル」(KADOKAWA)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。