中学受験ノウハウ 過去問

中学受験 過去問を解く意義と、取り組む際の心構え

2018年4月09日 石井知哉

中学受験において、「過去問」は「指導者(塾、家庭教師)」「模試」と並ぶ重要ツールです。今回は、過去問の重要性と取り組み方についてお伝えします。

[1]中学受験の過去問で「志望校のクセをつかむ」

中学校ごとに入試問題の出題内容は異なります。まさしく千差万別で、いくら模試で高得点・高偏差値を叩き出していても、志望校がどのような問題を出すのかを知らずに受験に挑むのは無謀です。過去問を使って、志望校の入試問題のクセを把握します。合格者平均点や合格最低点を公表している学校も多いので、そういった情報を参考に「合格のための目標点数」を算出しておくのもよいでしょう。「志望校の入試問題のクセ」と、「合格のための目標点数」を把握することで、合格するための具体的な学習戦略を立てられます。

[2]中学受験の過去問で「ゴールを見定める」

何キロ走ればいいのかわからないマラソンは苦痛そのものですよね。受験勉強も同じことで、「何をどこまで勉強すればいいのか」がわからないと辛いだけです。この点、過去問を見れば、どの程度の難易度の問題が出るのかがわかります。過去問を通じて「入試ではこのレベル、このパターンの問題を解ける必要がある」というゴールが見えると、優先順位をつけた勉強ができます。

[3]中学受験の過去問で「やる気につなげる」

過去問は「実際に入試で出た問題」です。解ければ嬉しいので、「もっと頑張ろう」と思えますし、解けなければ悔しいので、「もっと頑張ろう」となる。いずれにしてもやる気のアップにつながります。もし、お子さんの自己評価が低く自信をもてないタイプであれば、過去問のなかから、習った範囲の問題を選んで解かせてみましょう。ただし、過去問だとわかると身構えてしまうので、解く前は伏せておくのが良いです。解けたときに「実はこれ●●中学校の過去の入試問題なんだよ」と伝えて自信をつけさせるようにします。

[4]中学受験の過去問で、シミュレーションができる

入試では限られた時間内に多くの問題を解くので、時間配分のミスは大きなマイナスです。「冒頭の難しい問題に時間をかけ過ぎたために、時間切れで後半の簡単な問題に手がつけられなかった」というのは、よくある話ですが、本番では命取りになります。

過去問に取り組む際は、時間配分や見直しの仕方を前もって考えておくのがおすすめです。ほとんどの中学校は年度ごとに出題の傾向を大きく変えはしないので、過去問から問題の数や構成を想定できます。これを踏まえて本番のシミュレーションをすることで、入試当日も落ち着いて解き進められます。

過去問の使い方:「合格するタイプ」「不合格になるタイプ」

過去問に取り組む際に大切なのは「過去問と同じ問題が出たら満点を取れるようにする」という意識です。たしかに、過去問と完全に同じ問題が出ることはまずありませんが、過去の問題と同じ正解の導き方・考え方は頻繁に登場します。過去問は「合格のための宝の山」なのです。

したがって、過去問で間違えた問題を目の前にして、「次もこれが出るに違いない」と重く受け止めて真剣に復習に取り組む受験生は「受かるタイプ」といえます。逆に、「どうせこんな問題はもう出ないだろう」とタカをくくって復習を怠ってしまう受験生は「落ちるタイプ」です。

「過去問で満点が取れるまでくり返し復習する」という意識を忘れてはいけません。1度の復習で満点を取れるようにはなりませんから、本番までに余裕をもって取り組むようにしましょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい