中学受験ノウハウ 連載 中学受験のよもやま話

中学入試で「面接」があるのはどうして? 合否に影響しないって本当?|中学受験のよもやま話


近年、新しいタイプの入試が増えてきています。なかでも「プレゼンテーション型入試」「自己PR型入試」など、受験生と直接コミュニケーションを図ろうとする学校は少なくありません。そうした入試を導入する背景はさまざまですが、学びの場の“変化”がその一因であることは間違いないでしょう。

最近の学校が重視しているもの

かつての中学校は、教員が教壇に立ち、生徒が集団で授業を聴くスタイルが一般的でした。しかし現在、そうした学びの場は減りつつあります。具体的には、生徒がグループになって議論やディスカッションをしつつ、共に課題に取り組んでいくような学びの場へとシフトしているのです。

こうした時代の流れもあり、協調性や積極性など、受験生の「個性」を確認したいと考える学校が増えているのでしょう。結果として、受験生と直(じか)に触れあえる入試を設けることが一般的になりつつあるのです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱

この記事の著者

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。