連載 合格する子どもの伸ばし方

「お調子者タイプ」(感情的キャラ)の子への関わり方|本物の力を育てる「合格する子どもの伸ばし方」

専門家・プロ
2019年9月13日 松本亘正

子どものタイプによって、親の関わり方や言葉のかけ方を変えたほうがぐんと伸びる。子どもは、大きく4つのタイプに分けることができる ―― 中学受験専門塾 ジーニアス代表、松本亘正氏の著書『合格する子どものすごい伸ばし方』から、わが子のタイプを知り、子どもの力を伸ばす方法を紹介します。

子どもには4タイプあり、そのタイプによって関わり方を変えたほうが、ぐんと伸びる子になります。今回は「お調子者タイプ」(感情的キャラ)の子のシーン別の関わり方を、「NG」「OK」に分けて紹介します。

子どものタイプは、次のページからチェックできます。

【あなたの子どもは何タイプ?】チェックリストで子どものタイプを確認しよう

「お調子者タイプ」(感情的キャラ)の子への関わり方

シーン1 騒いでいるとき

N G
先生に注意されても、子どもの好きなようにさせる

だんだん悪目立ちして、まわりから白い目で見られるようになってしまう 

まわりが騒いでいると、影響を受けてしまいがちです。でも、つい騒ぎすぎてしまうため、大人がしっかり注意しないままでいると、子どもの集団の輪に入れてもらえなくなっていきます。エスカレートすると、いじめの対象になってしまうこともあるので、気づいた段階ですぐ注意するようにしたいものです。

O K
調子に乗っていたら、しっかり先生に叱ってもらう

調子に乗ることが減っていく 

小学生のうちに、空気の読める子になるようにうながせると◎

「お調子者タイプ」(感情的キャラ)の子への関わり方

シーン2 注意するとき

N G
子どもが何かしても、親がその場では注意しない

子どもはさらにわがままになる 

すぐに人のせいにしたり、感情を爆発させて、まわりが引いてしまうので問題です。

O K
まわりに人がいる場で注意したうえで、何がいけなかったのかを本人に気づかせる

集団の中で空気を読むこと、ルールを守ることを覚えるようになっていく 

注意し続けていると、おさまっていきます。

「お調子者タイプ」(感情的キャラ)の子への関わり方

シーン3 嘘をついていそうなとき

N G
子どもの嘘をそのまま信じ込む

どんどん都合のいい嘘をつくようになっていく 

大人の私たちも小さな嘘をつくように、まったく嘘をつかない子はいません。嘘を放置してしまうと、いいわけの天才になってしまうので、見過ごさないようにしたいですね。

O K
子どもが嘘をついている可能性も考えて、冷静に話を聞く

自分を客観的に見つめることができるようになっていく 

このタイプの子には、客観的に自分を見つめるクセをつけさせましょう。そうすると、感情的になることが減っていきます。

「お調子者タイプ」(感情的キャラ)の子には、集団生活に馴染ませる関わり方を

「お調子者タイプ」は、親がしっかり関わっていく必要があります。手抜きキャラと感情的キャラがいますが、どちらの場合も、子どもの特徴をしっかりつかみ、うまく気持ちを乗せながら努力を積ませる習慣を身につけさせたいところです。感情的キャラは、否定されるのを恐れたり、注意されるとカッとなって怒ったり、ひねくれたりしてしまうところがあります。マイナス面が目立つように見えますが、大人になると、社会で大きな成功をおさめるケースも少なくありません。

「お調子者タイプ(感情的キャラ)」の子の力がぐんと伸びる言葉がけを、以下の記事で紹介しています。

イラスト hashigo(silas consulting)


これまでの記事一覧

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者
松本亘正 専門家・プロ

まつもとひろまさ|中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表|ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校。現在は東中野・自由が丘・日吉・芝浦港南など、6校を展開している。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超える。これまでののべ指導人数は2200名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の第一志望校合格率を誇る。中学受験だけでなく、高・大受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。

合わせて読みたい