中学受験ノウハウ 連載 中学受験との向き合い方

「やる気ある?」って発言は要注意? 子供のやる気を引き出すためにどう接するか ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2022年9月02日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

なかなか勉強を始めないお子さん、テキストは開いているけれどボーッとしているお子さん。そうした姿を見た親御さんは、「やる気ある?」と苛立ちをぶつけてしまうことがあります。言われたお子さんは、「本音を言うと、さらに怒られてしまう……」と考えるかもしれませんし、「今はたまたま少し疲れていただけなのに!」と心の中で憤るかもしれません。複雑な子供の“やる気”とどう向き合うか考えてみましょう。

この子は戦っているんだよね

「やる気」はその方向に向かって自から進もうとする意欲のようなもので、モチベーションという英語とともに広く馴染まれた言葉です。勉強であれ、社会活動であれ、商売であれ意欲が必要ですね。ある種の活動を自分でドライブしていく動因、前に進める力です。

ただ、やる気と言っても、一人ひとりの“やる気”には、実にさまざまな種類の“やる気”が混在しています。私たちはこのことを忘れがちです。

たとえば、中学受験生であれば「○○中学に合格したい」という気持ち、「次のテストで満点を取りたい」という気持ち、「今日の勉強はここまでやる」という気持ちなどなど……、長期的なものから短期的なものまで、さまざまなやる気(らしきもの)があるわけです。

しかも、状況によって上がったり下がったりします。日によっては「○○中学に合格したいという気持ちは強いけど、今日は疲れていて勉強のやる気が出ない」ということもあります。「塾の勉強は楽しいけど、絶対に○○中学に受かりたいかと言われると別に……」というケースもあるかもしれません。

親御さんから見て「やる気がなさそう」に見えても、子供は心のなかに「現状をなんとかいいものにしたい」「親にほめられたい」という気持ちを持っていたりもします。だけど、思い通りにいかなくてどうしていいかわからず、ひとりで葛藤しているのかもしれない。「気持ちはあるんだけど、現実はそうならない」といった葛藤です。

親御さんは、そういったお子さんの葛藤する胸中を察することができる大人であってほしいですね。これが、お子さんのやる気と向き合う際の基本的所作のひとつではないかと思います。

親の私からは見かけ上はサボっているように見えるけど、この子の心の中では戦いが繰り広げられているのかもしれない――。

このように自分の期待と、そうならない現実を察する。「この子は戦っているんだよね」と思いを馳せることです。こういった親の姿勢や眼差しは、お子さんからすると、かなり救いなりそうです。戦う自分に寄り添ってくれる味方についてくれると感じられるからです。そこから親子の信頼関係も生まれるのではないかと思います。

やる気を0か1かで考えない

子供の心の中をより正確に知るためにはどうしたらよいでしょうか。

誰が子供の心の中を知っているのでしょう。





それは子供本人です。ですから、基本的に子供本人に尋ねるのが一番です。しかし、「やる気あるの?」という尋ね方は要注意です。なぜなら、そう問いかけてくる親は子供にとって味方に感じられないからです。

「ねえ、どうなの? やる気あるの? ないの? どっち?」などと迫ってくる相手が味方に感じられると想像できますか?

 

逆ですね。

<心の安全>を脅かす相手、すなわち味方ではなく敵になってしまうと、子供にとっては戦う相手が増えてしまいます。そして疲労しウンザリ……。これはやる気を高めるどころか、削いでしまいます。

前述したように、実にさまざまな種類の“やる気”が混在しています。やる気は「あるかないか」「白か黒か」「0か1か」のように、スパッと簡単に語れるものではないということです。「別に、やる気ないワケじゃないし……」という返答だってあります。

そもそも”やる気”がゼロというシチュエーションはあまりないはずです。たとえば、テキストを開いて机の前に座るだけでも幾ばくかのやる気は出ています(本当にやる気がない場合は、たとえばベッドから出てこられなくなったりします)。

親御さんが「やる気あるの?」といった訊ね方をするということは、本当は「やる気を出して欲しい」わけです。しかし、親子の関係性にも依りますけれども、こうした訊ね方は、「この子はやる気ない」とか、「あなたはやる気がないのだ」っていう、呪符みたいなものを貼りかねません。

そうすると、言われたお子さんの気持ちは沈みますし、親御さんだって、肝心なその子のやる気の奥行きというものが見えてこなくなるわけです。

ですから私は、「やる気ある?」と聞くのではなく、「今、やる気ってどれくらいあるの?」などと聞くことをご提案します。もちろんその際の言い方や表情、頻度も大事です。問われた相手が不快にならない程度に、穏やかに楽しくやる気のレベルを確認したいものです。

やる気のレベルを点検するための、私のおすすめの方法は、立てた親指の傾きで確認し合う方法です。

これは「指メーター」という、物事をデジタルではなくアナログに表現するコミュニケーションツールのひとつです。しかも指をユラユラさせたりすることでスタティック(固定的)ではなく、ダイナミックに表現することも可能です。

親指を12時の方向に立てるのを「やる気マックス状態」、親指を6時の方向に下げるのを「やる気ゼロ」として、今どれくらいやる気があるのかどうかを指の傾きで表現してみる。そのようにして、やる気の推移について親子で話し合ってみましょう。

たとえば、以下のようなイメージです。

子:「今日のやる気はこれくらいかな」(やる気度20くらい?)

親:「そうか。昨日はどれくらいだったっけ?」

子:「昨日はこれくらい」(やる気度50くらい?)

親:「ありゃ、昨日よりも下がったんだね。何かやる気が下がるようなことがあった?」

子:「昨日は得意科目だったから楽しく勉強できていたんだけど、今日は苦手科目だからやる気が出ないんだ」

このようなやりとりから、子供のやる気を妨げている要因を探ってみること。軽いエクササイズをする感覚で測量して、何をすればやる気のメータをちょっと上げられそうかを話し合う。

この方法は自分のやる気や、嫌気※の要因を点検するうえで有効だと思います。

やる気の反意語として私が登場させた、「嫌気」については2019年の8月に記事があります。

やる気の源は何?

たった一粒、たったひと言で子供たちのやる気を引き出せる。そういった薬も魔法もありません。

だだ、人それぞれに、”やる気のスイッチ「的」なもの”は存在すると思います。ひとたび、そのスイッチが入るとやめられない、止まらない状態になります(親御さんにも、きっとそういった経験があるはずです)。

では、やる気の源って何でしょうか? やる気という言葉から少し考えてみましょう。

やる気という言葉は「やる」「気持ち」に分解できます。「やってやろう」とか、「やってみよう」という気持ちです。これは未来形の言葉ですね。では、現在完了形だとどうなるか。

その場合は「やった」になります。

この「やった」に、「!」がついたときのポーズや表情が次の写真のようなものです。

この瞬間の子供の心の中には、喜び、快感、達成感があります。

このような「やった!」の体験をたくさん味わわせる。ひとつ「やった!」の体験をしたらもう一度…。さらに達成できたら、よしまたもう一度…。自分でもっとやりたくなる、味わいたくなる。

これがやる気の源泉、やる気を引き出すサイクルだと思います。

やる気も(おそらく集中力も)そうですが、気持ちいいときや、うれしいときに活性化するのです。大人はそういった状態をどう演出していくか。ここが腕の見せどころです。

では、「やった!」の味見をどのようにさせるか。味見ですから少量でいいのです。壮大なノルマを課す必要はありません(もちろんあってもいいですけれど)。短距離で構わないので、ゴールテープ(目標)を設けるのはひとつの方法でしょう。

何かしらのゴールテープがないと、どこまでやれば終わりなのかがわからなくなってしまいます。「今日はここまで行けば、ゴールイン」というのを明示するのです。お子さんが自分の力で、ゴールインしたら、「ほら、やったじゃん。今どんな気持ち?」といった、気持ちを確認する言葉があるとより良いでしょう。お子さんが、「なんだか、うれしいかも」などと言ったらしめたものです。このようにして、「やった!」という喜び、快感、達成感を味わってもらうことです。

もうひとつ加えると、子供がゴールテープを切って喜んでいるときに隣で、自分の鏡のように喜んだり微笑んだりしてくれる人・仲間がいたら、それもかなり嬉しいことです。“人を喜ばせたい”という気持ちもまた、子供のやる気の一種となります。ときには、「よくやったね。今日はお祝いしようか」だなんて、ご家族で頑張りを称え合う、小宴をしてもいいかもしれませんね。そのときの食事はきっと美味しくて、うれしいはずですよ。

偏差値をゴールテープにする危うさ

前段でゴールテープ(目標)の話をしました。しかし、中学受験シーンで気をつけなければならないゴールテープがあります。「偏差値」です。偏差値は集団の中の位置を示すもので、「相対的評価」です。自分の頑張りが必ずしも反映されるものではありません。周囲の子の頑張りによって、自分の置かれるポジションが容易に変わります。要するに、偏差値はそのお子さん個人の絶対的な成長を測定するモノサシではないということです。

したがって偏差値だけをゴールにすると、お子さんの成長がわからなくなってしまうということが起こりえます。もちろん伸び続けるのであれば、問題ありませんが、そういったケースは少数です。なおかつそのモードでは、集団内のトップを超えて進むという”やる気”は乏しくなってしまうかも知れません。

集団の中でのポジションがやる気になる子がいるのも事実ですから、「偏差値をゴールにするのは全くダメだ!」ということではありません。しかし、お子さんのやる気を引き出すうえで、偏差値は薬にも毒にもなるということを知ってほしいと思います。

では、相対評価ではなく、お子さんの絶対的な伸びを測るにはどうしたらよいか。

そのための格好の材料のひとつが、できなかった問題の解き直しです。解き直しで以前できなかったことができるようになったということは、紛れもないその子の成長といえます。そのほかにも、「少し前はゲームとスマホに夢中だったのに、ココ最近は自分から率先して勉強している」といった、お子さんの成長に眼差しを向けることです。

中学受験はデジタルで、相対的な評価に目が行きがちですが、そこだけに振り回されることなくアナログな測定もしてほしいと思います。

やる気をコントロールできるようになったら

中学受験の目先のゴールは、志望校の合格かもしれません。しかし、お子さんが中学受験の経験を通じて、やる気を客観視し、自分をコントロールできるようになったとしたら、それは素晴らしい一生モノの力なのだと思います。

「今日はあまりやる気が出ないな……。こんなときはお茶と甘いものでちょっと休憩してから勉強してみよう」「今日はすごくやる気があるから、もう1ページ頑張ってみようかな」というように、自問自答しながらやる気を扱えるようになったら、立派ですよね。

やる気は上がったり下がったりと波が激しいものです。いいときの波にいかにして乗るか、悪いときの波をどのようにしてしのぐか。その方法を自分のなかで確立できれば、自分でやる気のメンテナンスができるようになります。もちろん、それができるようになるためには親のサポートも必要です。「やる気が少ない状態」を問いなじったり、怒るのではなく、親子で肩の力を抜きながらその状態を観察し、話し合う姿勢を持ってみてほしいですね。味方がいることは戦意、すなわち“やる気”を高めてくれる要因です。


これまでの記事はこちら『中学受験との向き合い方

※記事の内容は執筆時点のものです

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

投書箱

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。