中学受験ノウハウ 連載 中学受験との向き合い方

子供の集中力を育むうえで考えたい、3つの「間」とは? ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2022年8月05日 やまかわ

0
首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

学習効果を上げるには「この単元はある程度自信がついたから、今度は苦手な単元に取り組んでみよう」という意思を自発的に持ち、学習内容を決めることが大事です。戦略的に勉強を進めるためには、得意科目はもちろんのこと苦手科目にも逃げずに向き合う集中力が必要になります。今回は、集中力とはどんなものかを考え、次いでお子さんに集中力を発揮してもらうためのヒントを考えます。

集中力を構成する「推進力」と「操縦力」

私たちが普段用いる「集中力」という言葉。この要素を私なりに分解してみると、「推進力」と「操縦力」の2つの要素に分けられると思います。車で喩えるならば、「エンジン」と「ハンドル」です。

「推進力」は文字通り、前に進む力ですが、その源泉になるのは「うれしい」とか「楽しい」といった快感です。これが駆動すると、まるで川の流れに乗るような感覚、いわゆるフロー状態になって、どんどん流れに乗って勉強に取り組んでいきたくなる、そんな気持ちになります。

もうひとつの「操縦力」は、今必要なことに集中しつつも、状況によって意識的に別のことに集中する力です。アクセルを踏みっぱなしにして、とにかく直進するのではなく、ときにはブレーキを踏んだり、ハンドルを切って方向転換したり。何かを成し遂げるためには、自分の目的がどこにあるのかを念頭に置いて、自分自身を操縦する力も求められます。

では、この「推進力」と「操縦力」で成り立つ集中力は、どのようにして育むことができるのでしょう。意識したいのは3つの「間」です。

「時間」「空間」「人間」の3つの間

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

投書箱

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。