中学受験ノウハウ 連載 中学受験との向き合い方

中学受験の栄養にも毒にもなる。「他人の成功体験」とどう向き合うか ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2022年11月24日 やまかわ

2
首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

他人の成功体験に触れると、自分もそれにあやかりたくなるものです。中学受験の場面でも、「こういう勉強方法をさせれば、うちの子も成績が伸びるに違いない」、「うちの子もこういう塾に入れれば、難関校に合格させられる」といった想いに駆られることがあります。中学受験に挑むうえで、他人の成功体験とどのように向き合うか。田中先生に伺いました。

憧れよりも大切な光

―― 中学受験は、ほかの家庭の成功体験談に気持ちが揺らぐ場面がありますよね。「ヨソと違う」とわかっていても、影響されてしまうように思います。

そうですね。その要因は一言でいうと、「そう思いたいから」です。

人は迷子になりたくありません。迷子にならないためには座標軸や方向磁石、そして目当ての星や手本がほしいのです。その手本や目指す星が、夢に相当します。

夢を見たい。夢が欲しいものだから、その人と自分、うちの子は違うんだということに気づかず、もしくは気づかないふりをして成功体験にあやかろうとするのです。でも、「あの人もできたんだから、自分もできる」と思って始めてみると、実際は上手くいかないことのほう方が多かったりしますよね。

―― 中学受験を始める動機の多くは、「こんな人生を歩みたい」「絶対にこの学校に入りたい」「あの人のようになりたい」など、憧れから始まることが少なくないですよね。

憧れを抱くことは決して悪いことではありません。その憧れがやる気を引き出す起爆剤になるならいい。今言ったような憧れは、遠くにある光のようなもので、希望を失わずに歩み続けるために必要なものでもありますからね。でも、前に進むにはもうひとつ大事な光があります。中学受験に挑む親子には、そちらの光も目を向けて欲しいと思います。

「今どこにイルカ」。今と過去の成長比較

―― 憧れよりも大切な光って、一体何でしょう?

それは「現在地を照らす光」「足元を照らす光」、そして「一歩先を照らす光」です。現在地周辺を照らす行燈(あんどん)のような光です。

自分が今のどこにいるのか、足元や一歩先は安全なのか、それが見えないまま、前だけを見て進み続けたら転んでしまいますよね。

ときには迷ったり、転んだりする経験も大事ですけれど、「自分が今どこにイルカ」「わが子は今どこにイルカ」を常に念頭に置いておくことが大切だと思います。

哺乳類のイルカに喩えてお話していますが、イルカは「エコーロケーション」といって、超音波を使って自分の位置を知ったり、仲間とコミュニケーションをとったり、周囲の地形や状況、餌のありどころを探知したりしているんです。

人の場合は、どうしても他人と自分を比べることで自分のポジションを判断することが多いですが、“他人だけ”を基準にするのはおすすめできません。偏差値も周りの子の頑張りによって数値が変わる「相対的な評価」ですから、その扱いは要注意です。

受験生が偏差値や他人と自分を比較して、迷子状態にならないようにするためには、それだけに依存することなく、「前の自分」と「今の自分」を比べてみることが大事です。自分の今の実力よりも少し頑張りが必要な目標を立てて、「今日はこれができるようになった」とか、「以前はできなかったけれど、今はできるようになった」という測定をすることです。そのようにして日々の成長を実感しながら、一歩ずつ前に進んでいく。

他人や偏差値だけを評価軸にしてしまうと、やはり問題が起こりやすくなります。たとえば、優越感で胸をいっぱいにして鼻高々になってしまったり、逆にうまくいかない場合に強い劣等感や無力感を覚えたり。自分以外のものに振り回されがちになるんです。そうすると気持ちにゆとりがなくなって、窮屈な想いをすることも多くなるでしょう。他人の成績を下げることはできませんよね。妨害などもってのほかですから。競う相手は「過去と今の自分」ということなのです。

誰かの成功体験は参考程度に。「うちの子用に最適化」する

―― サクセスストーリーや魔法の言葉に、つい飛びつきたくなってしまうけれど、「これってうちの子にとって、足元を照らしてくれる光だっけ?」と一考することが大事なんですね。

「自分は前に進んでいるんだ」という成長実感が大事です。目標設定の話とリンクしますが、遠くの目標・憧れだけがあっても、なかなかそこに近づいているという実感が持てないと思います。

また、並走して進む他の船にもそれぞれ性質があります。たくさん荷物を運べる貨物船や南極観測船は進むのがゆっくりですが、競艇用のボートはスピードが違います。追い越していくそんなボートに気を取られていると、自分の船が進んでいる実感って持ちにくいでしょう。

それに、「あそこに光があるのはわかる。でもその光が遠すぎる」という場合、歩いても近づいたかどうかはよくわからないわけです。しかも受験勉強には、途中にいろいろな障害がある。転ぶこともあります。そうやって転んで、起き上がって前に進むためには、「近づいている実感」とか「前に進んでいる実感」が必要なのです。

そうでないとモチベーションは徐々に下がってしまう。「どれくらい進んだか」がわかれば、「よし、ココまでは進めたな」とか、「もう少しだけ進もう」ということを繰り返せるじゃないですか。結局それしかないわけです実は。

こうした「進捗の実感」を得ることは、「喜び」につながります。その喜びこそが、最後までやり抜くための大きな原動力になるんです。これまでのコラムで私が何度も強調してきましたが、中学受験は教育活動です。その教育的価値の大きな要素は「失敗しても挫けず、最後までやり抜いた」という経験によって得られる、「やり抜く力」を身に付けることです。

ですから、何をどう比較するのかというと、「他者と自分の比較」ではなくて、「今の自分と過去の自分との比較」になるわけです。「前の自分よりも、ちょっとだけできるようになったな」ということを確認して、喜びながら前に進んでいけばいいんです。

―― 成功体験にあやかろうとしたものの、うまくいかずに苦しんでしまう。そういう「沼」の避け方ってあるんでしょうか?

そうした窮屈さに苦しめられないためには、誰かが着ていた服をその子に着せようとするのではなく、その子に合った服を親子で作り上げていく作業が必要です。

成長の余地は誰にでもあるのですが、襟回りやウエストのサイズ、ズボンの長さというのは人それぞれですよね。「隣の子が履いたズボンを、お前も履かないといけないんだ!」といった感じで、親に勉強のことを言われてたって、当の子供は困ってしまいます。

唯一無二のわが子の学びのためには、しっくりこない古着や既製服ではなく、オーダーメイドの服を用意してあげましょう。その子に合った方法論を親子で試行錯誤しながら確立していくことが大事なんです。

―― 難関校に合格した受験生を真似たところで効果が出るとは限らないですか?

全く同じ形でやらせるのは得策ではないでしょう。行動や振る舞いのお手本程度に留めるのであればOKです。

「こういう参考書を使っているんだな」とか、「漢字の書き取りをするときは、こういうことを意識しているんだな」とか、「算数の復習ではこんなことに気を付けているのか」というように分析をしたうえで、一度真似てみる。その方法がしっくりこなければ、それをきっかけにして自分なりの勉強方法を探していけばいいわけですから。

ちなみに私は、ある一流のオーケストラの奏者からレッスンを受けたことがあります。彼は難しいパッセージの攻略について、「100回失敗なく連続して演奏できるまで繰り返す」という練習方法を教えてくれました。その考え方は大いに参考になりましたが、私の置かれた立場にその方法はそぐわないので、一度も真似たことはありません。

―― 誰かのサクセスストーリーを活用するための心構えは?

他者の成功体験は、いわば湖越しに見えるキラキラとした太陽みたいなものです。そこに近づいていくと波打ち際みたいなものがあります。そのまま安易に踏み込んでいくと、水の中に入って溺れてしまうこともあるわけです。

だから誰かのサクセスストーリーは、あくまでも、「こういう人もいるんだな」「こんなこともあるんだな」「こういうふうに試してみてもいいかもしれないな」というように、軽い参考資料として捉えておく。

憧れが憧れであるうちはやる気を引き出す起爆剤になってくれます。しかし、それを経典のようにあがめて、親が「わが子はこうでなければならない!」とか、「こうしないと絶対によくならない!」と盲信し、視野が狭くなってしまうのは避けたほうがよいでしょう。それって、本来のお子さんの姿を見失って溺れ始めている状況に近いと思います。

それと、いろんな人のいいところを取り入れて、自分の子に次から次へつぎ込んだ場合、キャパオーバーになったりもするわけです。所詮、ひとりの人間にできることは限られているわけですから、A君のいいところ、Bさんのいいところ、C君のいいところを全部寄せ集めてきて、「あなたもこれをやれば?」っていうのは、要するに自分の子そのものを見ていないということになりますよね。

さまざまな良いところを持ってきて、当てはめようとするのは悪いことではないですが、基本的な条件は「うちの子用に最適化」だと思うんです。

わが子を苦しめる、親の『ねば・ネバ思考』

―― 他人の成功体験に、振り回されているかどうか。それをセルフチェックするための方法はありますか?

以前の記事で、「ねば・ネバ度」チェックリストというものを紹介したことがありましたよね。

あなたの心の中には、どれくらい「~せねばならない」「決して~してはならない(英語のnever)」という想いがありますか? といった質問です。

『ねば・ネバ思考』は、ときに自分も子供も苦しめる「毒」になることがあります。

ただし、言い方をほんの少し変えるだけでその毒気が薄まったり、消えたりすることもあるんです。

たとえば、次の2つの言い回し。

A:「うちの子はあの子のようにならなければならない」
B:「うちの子はあの子のようになれるかもしれない」

―― Bのほうが、ねば・ネバの濃さが薄い気がしますね。

Aのような考えを押し付け続けるのは、子供にとってはプレッシャーになりますよね。比較の基準が自分でコントロールできない他者ですから。

もちろん他人(あるいは偏差値)を比較基準に、物事が順調に行っていればいいですが、そうではない場合が問題です。

「ほかの子と同じように自分もできなければいけないのに、どうしてもできない……」という自分に対するマイナスな気持ちに支配されて、自己肯定感を下げがちです。

受験をする子にとっての「毒」の一種をもう少し別の言い方で、具体的に表現するなら、それは「親への罪悪感」だと言えます。

先日、駅のベンチでのことです。電車を待つ私の背側から小学生らしい子と、お母さまの会話が聞こえました。

母:どうしてこの問題を間違えたの?
子:ごめんなさい(と涙声)

この問答自体が妙だと思いませんか? 親の「~せねばならない」「決して~してはならない」という考えに苦しんで、葛藤して、親に申し訳なさを感じる。「ごめんなさい」や「申し訳ない」といった気持ちで子供が勉強をするようになる。そうした感情って、主体的に前に進むエネルギーにはなりません。

中学受験に、子供の「ごめんなさい」が必要かどうか、その点はまた次の機会に考えましょう。

子供を映し出す鏡になって、対話する

――「ウチとヨソとは別」、という分別思考が大事ということですね。しかし、中学受験にハマると、その分別が難しいです……。

言い換えるなら、「わが子は、唯一無二のわが子だ」ということですよね。そして、子供には「自分は、自分だ!」という強い気持ちを持って欲しいですよね。そのために大事なことは、親御さんが子供の鏡になってあげることだと思うんです。

いろんな角度からわが子を映し出して、親子でフィードバック・対話するのです。たとえば何か勉強方法を変えるために情報提供するにしても、「この本にこんな勉強方法が書いてあったから、ちょっと試してみようよ」と子供に提案してみる、そしてその方法を試したら、それぞれがフィードバックをしあうとかね。

終わったあとは、気持ちよくできたか、理解は深まったかなどを親子で話し合ってみる。その勉強方法がお子さんに合わなかったとしても、毒気を孕まずに話し合いができたならば対話は成功ですし、お子さんは一歩前に進んだと言えます。

親御さんに大切なのは、お子さんのモチベーション・マネジメントをどのように支援するかです。その答えは他人や、その人の成功体験の中に「そっくりそのまま」入っているわけではありません。他人の中に”ヒント”は求めてもいいのですが、そこから得たヒントをお子さんに合った最適な形にできるように、親子で力を合わせて前に進んでいって欲しいと思います。

自分のモチベーションや自分にあった学習方法を子供自らがマネジメントしていけるように育ったら、それは中学受験の大きな収穫になります。


これまでの記事はこちら『中学受験との向き合い方

※記事の内容は執筆時点のものです

2
田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

投書箱

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。