中学受験ノウハウ 連載 中学受験との向き合い方

「成績が悪くてごめんなさい」 親の顔色を見て受験勉強をする危うさ ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2022年12月06日 やまかわ

1
首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

「テストの点が悪くてごめんなさい」、「授業についていけなくてごめんなさい」。中学受験では、このように子供が親に謝ってばかりいるご家庭を時折見かけます。受験シーンで子供が親の顔色をうかがうことには一体どんな落とし穴があるのか、そしてその落とし穴にはまらないために、親としてどのような心構えでいるべきか、田中先生にインタビュー形式でお聞きしました。

親の『ねば・ネバ思考』と、子供の「ごめんなさい」

―― 中学受験をする場合、親にも「志望校に受かって欲しい」という気持ちがあります。そのうえで子供が伸び悩むと、つい態度や姿勢を咎めてしまう。すると、お子さんも「テストで悪い点を取ってごめんなさい」と謝る機会も出てくる。こうした親子関係について、リスクはありますか?

はい、いくつもリスクがあります。まず私が申し上げておきたいのは、中学受験で「ごめんなさい」や「すみません」という謝る言葉は不要ですよということです。

受験のことで子供に謝られることが多い親御さんは、「うちの子は絶対に○○中学に合格させないといけない」とか、「塾で上位クラスをキープさせねばならない」というような義務感が強いのではないでしょうか。

これは以前の記事でも解説しましたけれども、ねば・ネバ思考』 が濃厚な状態です。

「~せねばならない」「決して(Never)~してはいけない」という親の気持ちは、ときに“想い”と”現実”とのギャップを増大させ、親御さん自身がストレスを感じたり、相手にストレスを感じさせたりします。

これによって家内不安全が発生したり、子供の身動きがとれなくなったりすると、それは「悪玉ストレス=毒」になります。そうなってしまうと「○○中学合格」や「テストの点数アップ」という本来の期待とは、かけ離れていきます。

親が叱責し、なじることのリスク

―― 仮に子供が親に対して「成績が悪くてごめんなさい」などと言ってきたときに、さらにりつけたり、なじったりしたら、どうなるでしょうか

その場合って、「どんなふうに反省しているんだ?!」とか、「次はどうするの?!」といった具合に、いろいろなことを子供にぶつけるのでしょうけれども、その時の子供の心の中は「一刻も早くこの時間を終わらせたい……」という気持ちに満ちていると思います。

また、そうなると「ごめんなさい」を言ったことと、嫌な経験、苦い経験が結びつきます。場合によっては、親に心を閉ざすようになりますし、最悪の場合、真摯に謝るべき場面にも関わらず、早く終わらせるための方便として、おざなりに謝るだけの人になりかねないわけです。

そもそも子供が親に謝らなくちゃいけないことがあるとしたら、誰かに迷惑を掛けたという場面でしょうが、「受験シーンで子供が親に謝らなければならない場合って、一体どんなことだっけ?」ということになります。

たしかに「こんな成績、親に見せたら怒られそう……」というのは子供によくありそうな心境です。また、成績が悪いことに対して、子供は罪悪感を覚えたりするのですが、そのときに「ごめんなさい」と言ってしまうこともある。

でも、子供の成績が振るわないことに対して親が怒るというのは妙な話だと思います。そこには<子供の成績=子供のこと>と<親の不機嫌=親のこと>の無分別があります。

この無分別は「学んで学力をつけるのは自分の事だ」という、子供の自分事意識を育てるのに何の役にも立たないどころか、有毒です。

大事なのはその失敗からどうしていくかということですから。当の子供が心情的な暗い感じとかジメジメしたところに落ちてしまうのは、マイナスですよね。その状況から起き上がって、この先どういうふうに解決していこうかというには、余分にエネルギーが必要になってしまいますから。

子供が前に進むための、ふたつのドライバー

―― 叱咤激励で「何クソ!」と発奮して勉強をする子供もいるでしょうし。親御さんとしては真剣な気持ちで挑んで欲しいという気持ちもあって、刺激を与えたくなるのでは

私の持論ですが、子供が勉強するということ。いや、それに限らず、子供が何かを前に進めていくための要素って、大別するとふた通りに分けられます。

それは「○○になりたいから△△をする」ということと、「××になりたくないから△△する」のふたつです。

前者の場合は「○○中学でサッカー部に入りたい。○○中学に合格できるように今は勉強する」だとか、「漢字をもっと知って使いこなしたい。毎朝漢字書き取りを30分間やってみる」とかそういう心持ちですね。前者のエンジンはヨロコビタイです。

後者は言い換えると「嫌だから△△する」というものです。「親に叱られるのが嫌だから」とか、「クラスメイトにバカにされるのが嫌だから」というものです。前者との違いは、何かに突っつかれるように行動を起こしているような状態です。後者のエンジンは不快感からの逃走です。

このように、モチベーションのドライバーが2つあるという考え方に立つと、「○○したい」という方は気持ちポジティブなわけです。それを達成したい、手に入れたいという気持ちですから、集中力や持続力にも関わってきます。

ところが「○○するのが嫌だから」というドライバーだと、どうしてもそれを回避することに意識が向くことになります。なりふり構わず一目散に逃げる時には、集中や注意や良識も散らかってしまいます。

たとえば、カンニング。親に怒られるのが嫌でカンニングをしたりする子がいますが、カンニングの事例の多くが「悪い点数を取って親に叱られるのが嫌だから」なんです。

また、ネガティブなモチベーションは、入試本番でもパフォーマンスを発揮できないことがあります。「この入試で不合格だったら、もうおしまいだ」とか、「もっと勉強しておけばよかった」というように、先の見えない未来に不安を抱いたり、過去のことを後悔したりして、“今現在”の目の前の問題に集中する力が散ってしまうことがあるんです。

―― なるほど……。ちなみに、親の喜ぶ顔見たさに子供が受験勉強を頑張るというのは、ポジティブなドライバーでしょうか

実は「タイ」にも種類があります。

簡略化してお伝えするなら「評価されタイ」と「学びタイ」という対照的な「タイ」です。

親が結果ばかりに着目して一喜一憂していると、良い結果が出せているうちはともかく、結果が悪いとお子さんはそれを「自分の無能力の証」ととらえて、立ち直る気力が失せてしまうことがあります。それが前者の危うさです。

一方の後者は失敗を弱点(=伸びしろ)発見のチャンスととらえ、学びの契機にします。

こうなるとやがてどちらが優位に立つかはご想像できますね。

 

親御さんは子供の努力する様子を見て喜ぶ。

失敗しても挫けない姿を見て喜ぶ。

失敗や間違いに対峙する態度を見て喜ぶ。

その親御さんの笑顔を見て、子供の「ヨロコビタイ」という気持ちから、「努力したい」「学びたい」という意欲が刺激される。

 

このドライバーは強力です。

子供が失敗して、一旦はくじけたり、怠けたりするのだけれども、そこから気を取り直して「もう1回やってみる!」と子供が言ったときがチャンスです。そういう時を見逃さず、「さすがうちの自慢の子」って称えるとか。そういうのはいいと思います。

自分との戦い、自家発電する能力

―― 子供が親に「できなくてごめんなさい……」と言うのは、マズい兆候ですか?

子どもは何のために戦うんだと思いますか? それだと、まるで「他人の機嫌を取るための戦い」のような感じじゃないですか。

受験は「戦争」という危なっかしい言葉で喩えられますけど、「正しい戦い」っていうのがあると思うんです。

あえて「受験戦争」という言葉を使うなら、戦う相手を間違えないことが肝心です。

受験戦争における正しい戦い相手は「他者」ではありません。戦う相手は「今の自分」です。そしてその目的はより「良い自分になること」です。

他者を打ち負かすことでも、親の称賛を得ることでもありません。

「今の自分と戦って、より良い自分になっていく」という戦いなのです。

中学受験は、そういったことの大切さを体験する格好の機会でもあると思うんです。

だから、もしも中学受験をそのために使うのなら、偏差値というのは他人との相対評価でしかないのだから、それだけで一喜一憂するのは非常に残念です。

残念であるだけでなく、エネルギーが無駄に消耗され、パフォーマンスを落としてしまいかねません。

それよりも、「前にできなかったことができるようになったよね」とか、「どうしたらこの問題ができるようになるんだろうな……」といったように、今以前の自分と戦って克服していく。それが「正しい戦い」だと思うんです。

それなら戦いの成果が実測可能です。「一カ月前に解けなかった問題が解けるようになったよね」というのが戦果です。そこに親のご機嫌が入り過ぎると歪んでしまうというのかな。

―― テストの点数が悪かったから子供が謝る。良ければ親が褒める。こうした受験スタイルがもたらす、ネガティブなシナリオは?

たとえば不登校でしょう。私のところに相談にいらっしゃる方の中には、せっかく中学受験を経て合格しても、「そもそも私、何でここにいるんだろう……」と葛藤する子がいますし、なじめなくて、やめていってしまう子もいます。

自分の存在価値について内側から湧き上がらせるものが希薄で、人から認められてコレでいいんだとか、認められていないときにこれじゃあダメだといった、そうしたドライバーだけだと、認めてくれる人が常にどこかにいないとエネルギー補充が効かないんです。

最近よく使われる「自己肯定感」を当てはめるなら、他者が肯定してくれてはじめて「自己肯定」できるという他者依存になってしまうのです。

だから、自分で自分のなかから自家発電すること。自家発電する能力というのは子供のころにぜひ培って欲しいなと思いますよね。

褒めることの注意点

―― 子供が親の顔色をうかがうという観点で考えると、親はあまり褒め過ぎないほうが良かったりしますか?

正直であることが大切です。口先だけで褒めるのではなく、親御さんが自身の眼差しを自己点検して、本当にそう感じているかどうかを確認なさってください。

注意点としては、目の付け所です。

どこに目を向けていらっしゃいますか?

テストの点数が良いからとか、成績、偏差値が上がったからという理由で喜んだり褒めたりするよりも、「努力をして何かを克服しようとした」というプロセスや姿勢、表情などに着目して褒めて欲しいです。

話題は逸れますが、2022年10月に引退を発表したスピードスケート選手の小平奈緒さんが、会見で「成し遂げることができずとも、自分なりにやり遂げることができたと思っています」と語っていました。彼女はそこに至るまでに自分自身が辿ったプロセスに誇りを持っていたのでしょう。「成し遂げる」と「やり遂げる」を区別した言葉の使い方が見事だと思いました。

受験でいえば合格したら、「成し遂げた」になるんですが、合格しなかったとしても「やり遂げた」ことことには勲章が与えられると思うのです。

自分の歩んだ道に誇りを持てたら、それはお子さんが自立して生きるための大きな糧になります。

そのためには、やはり結果だけでなく、その子の姿勢、表情、物事への取り組み方を見て、肯定的な言葉を与えることが大切です。

もちろん、受験勉強はその過程でつまずいたり、結果が伴わなかったりすることもあります。そんなときでも親御さんは怒らずに冷静に。失敗して罪悪感からお子さんが謝ってきたとしたら、正面から向き合ったり、ぶつかり合ったりのではなく、「謝らなくてもいいからさ、これからどうするか一緒に考えようよ」と、寄り添ってあげることに気持ちを注いで欲しいですね。「一緒に考えようよ」っていう感覚です。

そうすると、子供は「親が私についていてくれている、支えてくれる」という感覚をより強めるでしょう。それが自分との戦いを最後までやり通すための強力なエネルギーになります。


これまでの記事はこちら『中学受験との向き合い方

※記事の内容は執筆時点のものです

1
田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。