学習 国語

[例文つき]子供が苦手な詩の表現技法まとめ

2018年5月22日 ハルカ

中学受験における詩は、そこまで出題頻度が高くありません。毎年のように出す学校もありますが、ここ数年一度も出題していない学校がほとんどです。とはいえおろそかにはできません。入試問題の傾向は変わるものですし、詩の読み取りは中学、高校と進学しても必要です。

詩の読み取りでよくある問題が、表現技法にかかわるものです。内容理解の助けにもなる表現技法について、具体例を交えながら解説します。

詩の表現技法[1]倒置法

倒置法は、言葉の順序を入れ替えて、内容を強調する表現技法です。

■倒置法の例

負けた悔しさを 忘れない

忘れない 負けた悔しさを

ポスターに出てきそうな文になりました。「忘れない」を読んで、「何を?」と思ったら「負けた悔しさを」が目に入ります。より印象も強くなります。

最後に持ってきた言葉が強調されました。順序を変えるだけで、印象は大きく変わるのです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com