学習 国語

急がば回れ? 身につく国語の勉強の仕方は丁寧な反復がカギ

2018年7月20日 ハルカ

国語はセンスと思い込んでいる人も多いですが、そんなことはありません。国語もほかの科目と同様に、勉強次第で成績は上がります。

国語の勉強は焦らずコツコツ進めることが大切です。勉強を積み重ねることで少しずつ国語の力はついていきます。国語の地力が上がる分野別の勉強の仕方をご紹介します。

すぐに結果は出ないと心得る

国語の勉強が好きになれない理由のひとつに、勉強の結果が表れにくいということがあります。読解はぶっつけ本番、準備ができません。勉強したことがそのままテストに出ることが少ないため、つい「勉強しても意味がない」と思ってしまうようです。

国語の勉強が成績に反映されるのは数ヶ月後とも言われます。読解はテーマや文章のタイプによって点数にばらつきが出やすいため、勉強しても右肩上がりとはいきません。上がったり下がったりを繰り返しながら徐々に低い点数を取ることが少なくなり、気づけば成績アップという上がり方です。

今勉強しても、結果を実感できるのは数ヶ月。もどかしい気持ちもありますが、自分を信じて頑張りましょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com