学習 国語

重箱読み? 湯桶読み? 例をまじえて違いをやさしく解説します

2018年6月07日 ハルカ

漢字の読み方の勉強で出会う「重箱読み(じゅうばこよみ)」「湯桶読み(ゆとうよみ)」という言葉。小学生にとっては見慣れない漢字と音のため、なかなか頭に入らないようです。そもそも漢字が苦手、という子供にもわかるように基礎の部分から、重箱読みと湯桶読みについて解説します。

音読み・訓読みをおさらい

重箱読みと湯桶読みの説明を理解するために、まずは音読みと訓読みをおさらいしましょう。

音読みは中国由来の読み方で、それだけでは意味のわからないものが多いです。たとえば「上」という漢字なら「ジョウ」が音読みです。

一方で訓読みはそれだけで意味のわかるものが多いです。送りがなを必要とする読み方もほとんどが訓読みです。「上」なら「うえ・あ(がる)」などが訓読みです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com