中学受験ノウハウ 勉強法

子供の理解力が上がらない理由と理解力を高める3つの勉強法

2018年6月28日 ハルカ

一生懸命勉強しているのになかなか成績が上がらない。勉強したのに点数が取れない。

そんな子供に親は、「もしかして理解力がないのかも」と心配になってしまいますよね。

同じ勉強をしても理解力がなければ定着せず非効率的です。子供の理解力を上げるための勉強法を3つ紹介しますのでぜひ試してみてください。

「わかった」けど「わからない」理由

多くの子供は、「わかった?」と聞くと「わかった」と言います。でも実際は理解できていないことも多く、結局テストでは点数が取れません。

なぜそうなるかというと、「理解」を勘違いしているからです。子供の「わかる」と大人の「わかる」が違うため、大人が思ったように結果が出せないのです。

理解=アウトプットできること

子供にとっての「わかる」は「説明の意味がわかる」ということです。たとえば漢字の読み方を聞いて理解したとき「わかった」と言いますし、新しい言葉の意味を知ったときも「わかった」と言います。

一方、大人にとっての「わかる」はその一歩先です。インプット、つまり頭に知識を入れたうえで、それを外に出すアウトプットができることが必要です。わかって自分で書けることこそ本当の「わかる」です。

理解力がない子は「答えを聞けばわかる」でOKだと思っています。インプットで終わりです。問題を解いて間違えても、解答で正しい答えを見れば自分の知識になったと勘違いし、点数につながりません。

アウトプットを意識すれば理解力もアップ

受験にあたって必要なのは、テストで点数になる知識です。「聞けばわかる」だけではなく、理解力を上げるには、書いたり話したりといったアウトプットが必要です。

アウトプットを意識した勉強法の中でも簡単なものを3つご紹介します。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com