学習 国語

国語への苦手意識をなくすには? 「達成感」と「慣れ」で克服しよう

2018年6月28日 ハルカ

算数が苦手な子と同じくらい、国語への苦手意識の強い子はいます。勉強してもすぐには結果が見えない。だからこそ国語は克服するためのモチベーションも持ちづらいのです。この記事では国語への苦手意識が強い子に試してほしい勉強法を紹介します。

国語への苦手意識 克服のカギは「漢字」と「読解」

国語の中で苦手意識を持ちやすいのは「漢字」と「読解」です。

漢字は一生懸命書き取りをしても、送りがなでミスをしたり、トメハネで減点されたりすることがあります。ミス・減点が続くと「勉強が結果につながらない……」と感じてしまいがちです。

漢字は学校でも塾でも学習頻度が高く、ミニテストで点数がはっきり出ます。また、国語の中で「できて当然」という空気感が生まれやすいものです。そういったことも相まって、ミスや減点が続くと、劣等感や苦手意識が強まってしまいます。

読解はまず「長い文章を読むのが面倒」というのが第一関門でしょう。特に、読書をしないタイプの子は本文を見た瞬間にやる気をなくしてしまいます。文章によって成績にばらつきが出るということも、苦手意識につながりやすいポイントです。漠然とした苦手意識があると言えますね。

国語への苦手意識をなくすカギは、この「漢字」と「読解」を攻略することです。

国語への苦手意識が強い子に試してほしい勉強法 ――漢字は毎日コツコツで「達成感」を

漢字の学習には点数がはっきり出るミニテストをうまく使いましょう。まずはミニテストで点数を取ることを目標に勉強します。目に見える小さな目標を設定することで、やる気も出しやすくなります。

たとえ大きな試験で点数が取れなくとも、ミニテストで点数が取れれば「やればできる」「やったからできる」と達成感を得られます。点数を取る経験を積むことは自信につながり、勉強へのモチベーションにもなります。

漢字の学習は積み重ねが大切なので、数回のミニテストで満点を取ったぐらいでは大きな試験の点数にはつながらないかもしれません。ですが、最終目標は中学受験です。当たり前のようにコツコツ漢字の勉強ができるようになれば、知らないうちに実力がついていきます。毎日コツコツ勉強し、習慣づけることが重要なのです。

漢字の勉強は語彙の勉強にもなる

漢字の勉強は、丁寧にやれば語彙力アップにもつながります。漢字が持つ意味や、その漢字を使う熟語も含めて勉強しましょう。

たとえば「優」という漢字なら、「優しい」「優れる」という2つの意味を知ることができます。そこから「優劣」「優位」「優柔不断」といった熟語を頭に入れれば、語彙も増えて読解にも強くなれます。

国語への苦手意識が強い子に試してほしい勉強法 ――読解に「慣れる」

読解の攻略には文章を読むことです。まずは読むことに慣れて、読解への抵抗を減らさなければいけません。

問題の正解不正解は置いておき、多くの読解用文章を読みましょう。やみくもに本を読むのではなく、読解問題のついた文章を読むのがポイントです。

解く問題数は少なくてOKです。多くの文章に触れれば、物語や説明のパターンがつかめるようになります。物語文ならストーリーの進み方や心情の描写、説明文なら論理の展開はパターンがつかみやすいでしょう。

一日に読む文章の数は苦痛を感じない程度に抑えます。その代わり、文章や解答は丁寧に読み込みます。解答を読むことで答え方のコツやパターンをつかむことができ、別の問題にも応用できるようになります。これが読解に慣れるということです。

子供の言う「好き」と「得意」は違う

子供は物語文が好きですが、試験で物語文のほうができるかと言われるとそうとも限りません。物語文は「好きだけど苦手」ということがよくあります。読んで雰囲気とストーリーを楽しむことはできても、正確に理解はできていないのです。

多くの子供にとっては「好き=得意」です。物語文は得意だと言っていたのに、模試の結果はいつも物語文が足を引っ張っている……ということは珍しくありません。

親は子供の言う好き嫌いや、得意不得意に惑わされず、幅広い文章を丁寧に読むよう誘導してあげてください。

まとめ

国語は勉強の結果が出るのが遅く、モチベーションを保ちにくい科目です。偏差値もすぐには変わりません。焦らず、長い目で見てください。

受験に向けて国語への苦手意識をなくすには、苦手意識を持ちやすい漢字と読解をしっかりと勉強しましょう。

漢字で達成感を得て自信をつけ、読解は少しずつ慣れていくことを中心に。点数をとるためには読解に重心をおきたくなりますが、漢字を勉強することは読解の理解にもつながります。苦手意識の強い子は特に、漢字の勉強から始めてみるとよいですよ。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい