連載 ホメ夫先生のやる気引き出し術

ほんとにあった、出題者からの「メッセージ」付き入試問題|全力珍回答! ホメ夫先生のやる気引き出し術(32)

専門家・プロ
2017年2月24日 辻義夫

こんにちは。辻・アインシュタイン・ホメ夫です。

入試も終わり、塾での新学年が始まりました。

新6年生は「いよいよ自分たちの番だ!」と胸を熱くしているかもしれません……お母さんが(笑)。

いや。

実際のところそういうご家庭が多いと思います。

お子さんって、「時間は無限にある」くらいの体感なんですよね。

ホメ夫くらいの年齢になってくると、1年なんてあっという間。

冗談でなく「人生っていつか終わるんだな」とちょっぴり実感してしまいます(遠い目)。

さて、今回は入試も終わったということで、珍回答ならぬ「珍出題」をご紹介しようと思います。

「珍出題」なんて失礼な表現は妥当ではないですね。実際には解き終わった瞬間「じ~ん」と感動してしまいました( ;∀;)

麻布中学校・理科の試験問題は出題者との「対話」の醍醐味が味わえる

ホメ夫が毎年楽しみにしている、麻布中学校の理科です。

大問1から、さっそく「初見」の問題です。昨年認められた原子「ニホニウム」に関するものですが、問6あたりが「シビレル」計算問題となっています。

問題文を読んだだけで、ブルっとなっちゃいそうな(笑)。

原子核と原子核をぶつけて新しい核を作るという問題なんですが……。

ちょっと読んでみます?

問6 核Fを集めたところに36万個の核Eを発射すると、そのうち1個が核Fにぶつかるとし、80兆回ぶつかると、そのうち1個がひとつのかたまりになるとします。核Fを集めたところに、1秒あたり2兆個の核Eを1000日間発射し続けると、新しい核はいくつできますか。答えが整数にならない場合は、小数第1位を四捨五入して整数で答えなさい。

……ね? シビレルでしょ?

解いている受験生の方も、ここまで条件を与えられると「きっと割り切れるんだろうな」なんて想像しながら解いてたりするのです。

まさに出題者との「対話」の醍醐味が味わえるのが、麻布中の理科の最大の特徴だとホメ夫は思っています。

まるで麻布の先生に理科を習っているように、理科好きのお子さんは楽しみながら解けるのです。

最終問題のあとに出題者の先生から「メッセージ」が……

大問2は光と発芽の関係に関して実験から考える問題、大問3は慣性に関する問題と、この2問も十分解きごたえがあるのですが、極めつけは、大問4の最終問題、問8、のあと(^^)

生物の進化についての問題なのですが、問8の下にまだ文章が続いています。

「最終問題のあとに、まだなんかあんの?」

と思うでしょ?

あるんです。

麻布の先生からの「メッセージ」が。

4行、百数十文字にわたって、出題者の先生からのメッセージが書かれています。

すごすぎる(笑)。

麻布中の問題は、理科の勉強で本来味わえる「謎解き」の感覚が存分に味わえるもので、こういった問題を楽しめる子どもに来てほしい、という学校のからのメッセージのようなものを感じます。

でも本当にメッセージまで掲載しちゃうってやっぱり凄いですよね(^^)

※この記事は、「マイナビ家庭教師」Webサイトに掲載されたコラムを再編集のうえ転載したものです


■全力珍回答! ホメ夫先生のやる気引き出し術 バックナンバー

※記事の内容は執筆時点のものです

辻義夫
この記事の著者
辻義夫 専門家・プロ

中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員

つじ よしお大手進学塾での指導経験を経て、中学受験専門プロ個別指導SS−1創設メンバーとして副代表、現在は顧問を務める。「わくわく系中学受験理科」と称される指導法、勉強法は「楽しく学べて理科系科目が知らない間に好きになってしまう」と好評。子どもの良いところをほめまくることから「辻・アインシュタイン・ホメ夫」の異名を持つ。「カレーライスの法則」「ステッカー法」など子どもが直感的に理解できて腑に落ちる解法を編み出す名人でもある。著書に『頭がよくなる 謎解き理科ドリル』(かんき出版)『中学受験 見るだけでわかる理科のツボ』(青春出版社)『中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・計算問題』(実務教育出版)などがある。

中学受験情報局「かしこい塾の使い方」 https://www.e-juken.jp/

合わせて読みたい