学習 国語

漢字検定は中学受験に役立つの? メリットと受験の目安は?

2018年8月03日 ハルカ

せっかく漢字の勉強をするなら検定にもチャレンジしてみたい。それがもし入試に役立つなら嬉しいですよね。

漢字検定を受けるかどうか悩む人へ、漢字検定が入試に与える影響や受検のメリットを解説します。

漢検概要

漢字検定は6月、10月、2月と年に3回実施されます。検定時間は1時間(8~10級は40分)で、検定には1500~5000円の検定料がかかります。検定料は級ごとに異なるため、受検前に確認しておきましょう。

合格基準はおおよそ70~80%です。多少わからないものがあっても時間内に最後まで解ききり、ミスをなくすことが求められますね。

各級の出題範囲は以下の通り。漢検1級は非常に狭き門で、2017年度の合格率はたったの5%でした。

1級 大学・一般程度(約6000字)
準1級 大学・一般程度(約3000字)
2級 高校卒業・大学・一般程度(2136字)
※常用漢字がすべて読み書き活用できるレベル
準2級 高校在学程度(1940字)
3級 中学校卒業程度(1607字)
4級 中学校在学程度(1322字)
5級 小学校6年生修了程度(1006字)
6級 小学校5年生修了程度(825字)
7級 小学校4年生修了程度(640字)

参照元:各級の出題内容と審査基準|日本漢字能力検定
http://www.kanken.or.jp/kanken/outline/degree.html

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com