中学受験ノウハウ 親の関わり方

頭の良い子予備軍の特徴5選! 子供の成績を伸ばす大人の接し方も紹介

2018年9月03日 みみずく

家庭教師や塾講師をしていると、頭の良い子に出会うことがあります。天才的な閃きが多い子や地道な努力で好成績を維持する子のような、典型的な頭の良い子とは違うけれど、ちょっとしたきっかけでぐんと成績が伸びる子もいます。今回はそんな頭の良い子予備軍の特徴5つと、彼らを伸ばす接し方のヒントを紹介します。

頭の良い子予備軍の特徴1 ―― 早口でよくしゃべる

早口でよくしゃべる子は、「頭の回転が速い」という特徴があります。自分の言いたいことを一気にまくしたてるため、相手が聞き取れず、誤解を生むことがあります。誰彼構わず口喧嘩をふっかける子もいて、時として大人たちからマイナス評価を受けます。

このタイプの子を伸ばすには、話を聞いてあげるのが一番です。子供が他人の悪口や不平不満などを言っても、聞き手は否定せずに「そうなんだ」と受け入れるといいでしょう。そうやって信頼関係を築ければ、後は「宿題をやろうね」などと声をかけるだけで子供は素直に従ってくれます。

頭の良い子予備軍の特徴2 ―― 何かを作るのが好き

何かを作るのが好きな子は、「自分で創意工夫ができる」という特徴があります。空き箱などを使って工作している子供の姿を見た保護者は、「そんなことしてないで勉強してよ」と思ってしまうようです。

このタイプの子は、一生懸命作ったものを褒められるととても喜びます。「まっすぐ線を引けていて上手だね」「円錐の形になっていてすごいね」などと、作品の良い面を具体的に褒めるのがコツです。子供の記憶には褒められた思い出が強く残って、それが勉強面でも生きてきます。

頭の良い子予備軍の特徴3 ―― 物事の理由を考えたがる

物事の理由を考えたがる子は、「物事を深く考える」という特徴があります。子供は「なぜ? どうして?」を連発して、大人に「めんどくさい子だな」と思われてしまいます。グズグズして動かないために怒られることもしばしばです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

この記事の著者

家庭教師/ライター。墨田区・台東区を拠点に活動している個人家庭教師。家庭教師を本業としつつ、ライターとしても活動しています。モットーは「好きな人を応援する」。小学生の指導科目は国語・算数(数学)・英語・理科・社会・作文など。「楽しく学びながら、中学の準備をする」ことを目標に指導をおこなっています。

Webサイト:みみずく戦略室 墨田区・台東区のプロ家庭教師&ライター
https://mimizuku-edu.com/