中学受験ノウハウ 親の関わり方

余裕をもってつくろう! 上手な勉強スケジュールのポイント5つ

2019年1月10日 ハルカ

中学受験では親が子供の勉強スケジュールを考えることがほとんどですが、計画を立てる人(親)と実施する人(子供)が違うのでうまくいかないことも多いようです。

上手なスケジュールのポイントは「理想のマイナス1」。余裕をもってつくり、絶対にクリアするという気持ちでいましょう。ついやってしまいがちな失敗とともに、家庭学習のスケジュールを決めるときに気をつけるポイント5つをまとめました。

[1]数字を使って細かく決める

「1時間計算ドリルをやる」といった大ざっぱな計画は、うまくいかないスケジュールの典型です。勉強スケジュールは数字を使って細かく具体的に決めましょう。

数字を使うのは時間だけではありません。どの問題集の何ページから何ページまでやるか、どの問題をやるかなどを具体的に決めます。たとえば「算数計算100問ドリルの問1~問10」「漢字スーパー問題集のP41~P50」などです。

大ざっぱな計画だと問題集を開いて時間が過ぎただけで「やった気」になってしまいます。たいせつなのは時間ではなく内容なので、錯覚するスキのないように具体的な計画を立てましょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com