連載 中学受験との向き合い方

受験のストレスと向き合う ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2019年4月05日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

中学受験にはストレスがつきもの。受験生のいる家庭では、ストレスとどう向き合うべきなのでしょうか。田中先生に中学受験のストレスを乗り越える方法について伺いました。

夢や目標の実現のためには、ストレスはつきもの

そもそもストレスとはどういったものでしょうか? 厚生労働省ではストレスについて「もともと物理学の分野で使われていたもので、物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態」という説明をしています。これをもとに、私はストレスを「何らかの原因により心や身体が影響を受けた状態」と定義しています。

図で表すと上のような形です。ストレッサーとは、「誰かに怒られる」「事故に遭う」、といった負荷の原因となる出来事。ストレス反応とはストレッサーの影響で、「不機嫌になる」「呼吸や脈拍が乱れる」などの、心と身体にひずみが生じた状態です。

この一連の流れのなかには、「出来事(ストレッサー)を自分自身がどうとらえたか」というフィルターが存在しています。

たとえば、目の前の壁になかなか落ちないシミを見つけたとき、「なんとしてもキレイにしなくては」と思うのか、「まあいいか」と思うのか。前者のほうがストレス反応は大きくなりますよね。

このように心の持ちかたによって、ストレス反応は増減します。そして、夢や目標の実現にはストレスはつきものです。中学受験をひかえているお子さんも、多くのストレスをかかえるでしょう。次からは、子供の「ストレスに負けない心」をつくる、親の7つの行動習慣について説明していきます。

ゴジラはリスさ ―― ”ストレスに負けない心” をつくる7つの行動習慣

1.【ゴ】合理的に考える
2.【ジ】自分のことは自分でする
3.【ラ】ライフスタイルを改善する
4.【は】発散・表現する・楽しむ
5.【リ】リラックスする
6.【ス】スキルを磨く
7.【さ】サポートを確保・活用する

これはストレスに負けない心をつくるための行動習慣を7つにまとめたものです。頭文字を取って「ゴジラはリスさ」となるように、覚えやすい形に整えています。それぞれの項目をみてみましょう。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。「一家にひとり、一課にひとりのコミュニティ・カウンセラー」を育てることを目標としている。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。