連載 中学受験との向き合い方

勉強に必要な目標設定のしかた ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2019年6月03日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

前回は、疲れがたまりにくい勉強サイクルや心身の休めかたについて解説しました。今回は中学受験における目標設定のコツについて⽥中先⽣に伺います。

目標設定のときに意識すべき4つのポイント

目標というのは、人が努力を続けて前進していくために役立てる道具です。遠くの目標としての「長期目標」、途中の道標としての「中期目標」、そして“ヘッドライトの届く先”としての「短期目標」、さらに一日一日の「日課」に細分できます。

それぞれをどんな内容にするかはご家庭次第。大切なのは「努力を続ける」本人が当事者意識を持って目標を立てることです。たとえば長期目標を「がんの新薬を開発する」と設定するのであれば、「医薬系の研究職に就く」が中期目標。「○○大学に入れるような学力を7年後に身につける」という短期目標が考えられます。

また、長期目標として「中学入試までにこの問題集をやり終える」という規模の目標もあります。その場合、「10月末までに第4章まで解き終える」が中期目標、「夏休みが終わるまでに第1章を解き終える」が短期目標になりうるでしょう。日課は「毎日4ページ、解答して自己採点する」という具合です。

目標という道具の最大の役目は、学びの進捗を感じられるということです。進捗が感じられればやる気が持続し、そして「がんばれば、どうにかなりそうだ」と思え、やり抜く原動力になります。

ここで目標設定するうえで意識すべきポイントを4つ提案します。

1、具体的で行動で示せる目標
2、必ず実現できる目標
3、どこまで進んだか測定できる目標
4、期限を示した目標

これらの条件を満たして目標設定をすれば、ゴールに向けてやるべきことが見えてきます。また、これまでの勉強の進み具合を振り返ったときに、何が足りないのかがわかりやすくなるでしょう。そして何よりも「今日なすべきことが終わった」という達成感とともに日々を送ることができるのです。

ときには高めの目標設定が必要

志望校合格を長期目標のゴールとしたときに、「この学校だったら楽に入れるだろう」、「背伸びすればもうちょっと難しいところでもいけるかもしれないな」、という思いもあるでしょう。しかし、子供の人生は中学受験後も長く続いていきます。今後の成長も視野に入れて目標を設定すべきですね。ここで、以下の図を見てください。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。「一家にひとり、一課にひとりのコミュニティ・カウンセラー」を育てることを目標としている。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。