連載 中学受験との向き合い方

受験勉強に励む子供とどうかかわるべきか ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2019年6月10日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

前回は、目標設定の方法について解説しました。今回は子供の勉強に親がどこまで関わるべきなのか、子供の頑張りをどこで判断すべきなのか、⽥中先⽣に話を伺います。

子供が質問しやすい環境をつくる

子供が自ら進んで勉強するようになるためには、「勉強するのは自分のこと」という意識を早いうちから持つことが大切です。

たとえば、ランドセルに教科書を詰めるのは誰のことなのか、宿題をするのは誰のことなのか。「それは自分事だ」と子供自身が気づくように、小学校低学年のうちから問いかけて、答えを導き出させるようにしましょう。これは自分事意識を育てることであり、未来を生き抜く大切な当事者意識の基礎をつくることでもあります。

ただ、自分でするにも、限界はあります。子供だけで考えてもわからない宿題が出てきたり、テストで低い点をとってしまったり。どう進むべきかわからず、子供が立ち止まってしまうことがあります。そんなとき、親は子供にどう関わったらいいのでしょうか。

まずはっきりさせておきたいことは、「自分事」とは「自分一人でやらなくてはいけない事」ではありません。「サポートを動員して、協力を得て実行・達成するのも自分事だ」ということです。

また警戒すべきなのは、できないことや間違えることを”悪い状態”と思ってしまうこと。この考えを持っている親子はとても多いです。しかし、それは悪いことではなく、伸びしろであり、前進のチャンスと考えるべきです。失敗から立ち直る力をレジリエンスと呼びます。このレジリエンスは失敗前よりもパワーアップする可能性をもたらすのですが、レジリエンスについはまた改めてお話します。

「ちっとも出来るようになってないよね」。こういった、子供の頑張った過程を見ず、結果だけを見てすべてを否定するような発言を続けてはいけません。また、「なんでこんなに成績が悪いの?」というような「質問」はいじめになりかねません。なぜなら、「僕がこんなに成績が悪い理由は3つあるんだよ、お母さん。第1に・・・」なんて答えられる子供は稀有でしょう。答えられないと知ってそんな問いをぶつけることはいじめです。それで子供を苦しめたなら、精神的虐待です。

子供が困ってSOSを発したときに「こんなこともわからないの?」と親自身の苛立ちや不安を子どもにぶつけるのもNGです。これが積み重なると、子供は親に正直にものをいえなくなってしまうでしょう。

苦手な分野を克服する、間違えた問題にもう一度立ち向かって正解にたどり着くためには、まず子供が親に質問しやすい環境をつくる必要があります。

わからないことや、できないことを打ち明けて質問をするのは、とても勇気がいることです。子供自らがSOSのサインを出してきたならば、まずは「よく聞いてくれたね」「わからないことをわからないって、はっきり伝えるのは大事なことだよ」と声をかけてあげることが大切です。そして、できなかったことができるようになった、わからなかったことがわかるようになったときには、その頑張りを肯定してあげましょう。

水面下の努力を肯定するために必要なこと

子供が自律的に勉強をして、わからないことを大人に質問するようになっても、それが結果に結びつく時間はそれぞれです。努力がなかなか結果につながらない場合、周囲の人は「ちゃんと勉強していないんじゃない?」「まったく結果が出てないけど……」というネガティブな言葉をかけてしまいがちです。そうならないために、子供へのどんな眼差しが必要なのでしょうか。ここで次のイラストを見てください。

水の中に男の子と女の子がいたとします。彼らは同じ分だけ石を積んでいますが、女の子は横に、男の子は縦に積み重ねています。そうなると、男の子は少ない時間で水面に顔を出しますね。一方で、女の子が顔を出すのには男の子と比べるとまだ時間はかかります。

イラストで表している石が「努力」、水面に顔を出すことが「結果」だと考えてみると、近くで見守っている親御さんは、なかなか顔を出さない娘に不安を覚えます。しかし、ここで大切なのは、水中にじっくり目を凝らしてみること。まだ見えないものを見ようとする心の目、つまり慈しみのある眼差しを向け、わが子は水面下で努力を続けているんだろうな、と想像することです。

子供の努力は日ごろの表情や態度など、微妙な変化からも感じ取ることができるはずです。子供の頑張りがわかったら、「ここまで努力をしていること、わかっているよ」と一声かけてあげてください。「お母さん、お父さんが見守ってくれている」という感覚を持ってくれれば、それは子供の力となり、その力を使って子供の努力は続きます。

努力を積み重ねれば結果を出すかもしれないし、基礎がしっかりしていれば、どこかで要領をつかんで石を縦に積むような急成長を支えることもできます。見えない努力が結果に結びつかないときでも、じっと待つ。ホットケーキが焼けるのをフライパンの傍で待つように、ぐっとこらえて愛情を持って子供の成長を見守りましょう。

偏差値をモチベーションにすることの危うさ

受験で気をつけたいのは、偏差値の使い方を間違えないことです。多くの親子が偏差値という指標を気にして、モチベーションを落としてしまいがちです。成績が伸びないことと、偏差値が上がらないということは別の話です。

特に試験前になると、どの受験生も一生懸命勉強をするので周囲のレベルもあがり、自分の偏差値が停滞することがあります。しかし、それは本人の成績が下がっているとか、進歩していないということではありません。それに気づかず、「成長できていない」という感覚を持ってしまうことは、子供のやる気をそいでしまうことにつながります。そこに「ちっとも」がくっつくとドッとモチベーションが下がってしまいます。

やる気を維持するには、進捗の実感すなわち「伸びが感じられること」がとても大切です。しかし、偏差値というのは「伸びを測るモノサシ」ではありません。偏差値といっても、出題された問題も違えば、同じ問題を解いた受験生のレベルもその都度変化します。つねに変化するモノサシでは、自分自身の力の伸びを正確に測ることはできません。だからこそ、偏差値のみをモチベーションとするのはアブナイことなのです。

偏差値以外で成長を測る方法

では、何で伸びを測ればよいのか。それには、同じモノサシを使う必要があります。たとえば学んだことを習得できているかのモノサシとして有効なのが、「模擬試験の問題の復習」です。

同じ問題をもう一度解くことは、同じモノサシで学力を測ることになります。多くの場合、前回解いたときよりも点数が上がるでしょう。先週できなかったことが今日できるようになったというのは、まぎれもない「伸び」です。この感覚を最後まで持ち続けることで、「やったことが伸びにつながっているんだ」と実感しながら勉強ができます。受験まで残り100日を切っていても、爽やかな気持ちで頑張ることができるのではないでしょうか。

不必要な言葉で、子供に不要なストレスをかけない

子供がなかなか壁を乗り越えられなくて、もどかしい思いをしているとき、親はつい否定的な言葉をかけたり、叱ったりしがちです。しかし、子供を無理やり引っ張り上げたり、過度な危機感を持たせたりすることは、子供に余計なストレスを与えるだけです。

大事なのは、「ちゃんと見ているから大丈夫。私たちがついているよ」というメッセージが伝わること。両親に見守ってもらっている、失敗しても大丈夫、という気持ちを持つことで、子供は前向きな気持ちで受験勉強に励んでいくことができるでしょう。次回は時間管理のスキルについて、解説してきます。


これまでの記事はこちら『中学受験との向き合い方

※記事の内容は執筆時点のものです

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。「一家にひとり、一課にひとりのコミュニティ・カウンセラー」を育てることを目標としている。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。