連載 学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」

「応用がきく子」の育て方#6 好きなジャンルの本で語彙力を伸ばす|学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」

専門家・プロ
2019年9月09日 松本亘正

子どもに「よい勉強習慣」を身につけさせたい。そのために親ができることとは――。中学受験専門塾 ジーニアス 代表、松本亘正氏の著書『合格する親子のすごい勉強』から、わが子の学ぶ力を伸ばすヒントを紹介します。

好きなジャンルの本を読ませて、意味がわからない言葉にだけ線を引かせる

― Point ―

線が引かれたところだけ、あとで一緒に確認すれば語彙力がぐっと上がる

「『ハリー・ポッター』は好きで読むけど、国語は苦手」という子がいました。

たしかに、読むスピード、解くスピードはある程度あるのですが、得点が伸びません。

探ってみると、どうやらわからない言葉を推測することもなく、ただ読み進めて、なんとなくストーリーを楽しんでいるのが原因のようでした。

その子の親御さんは、辞書を引いて調べながら読ませたいという意向をもっていましたが、私はそれをすすめませんでした。

まず自分からすすんで読むということが素晴らしいことなので、それを阻害しないほうがいいと思ったからです。

そのかわり、「意味がわからない言葉だけ蛍光ペンで線を引こう」と提案しました。本は本として楽しんで、わからないところだけ、後日親御さんと一緒に確認するようにしたのです。

結果的に、語彙力がぐっと上がりました。

本は好きなまま、わからないところを埋めることができ、楽しく身につけられるようになったのです。

わからないところに線を引くのは、そう手間がかかることではありません。

大人になっても、線を引きながら本を読むことは多いと思います。無理に辞書を使うよりラクに取り組めますから、おすすめです。

これまでの記事一覧

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者
松本亘正 専門家・プロ

まつもとひろまさ|中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表|ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校。現在は東中野・自由が丘・日吉・芝浦港南など、6校を展開している。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超える。これまでののべ指導人数は2200名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の第一志望校合格率を誇る。中学受験だけでなく、高・大受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。