連載 学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」

「応用がきく子」の育て方#15 メモを習慣にする|学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」

専門家・プロ
2019年10月21日 松本亘正

子どもに「よい勉強習慣」を身につけさせたい。そのために親ができることとは――。中学受験専門塾 ジーニアス 代表、松本亘正氏の著書『合格する親子のすごい勉強』から、わが子の学ぶ力を伸ばすヒントを紹介します。

【10歳以降なら】簡単なメモをとる習慣をつけさせる

― Point ―

メモをとる作業は、大人になってからも活きる

子どもが10歳になれば、メモをとるようにうながしていきましょう。

たとえば、当塾の授業では、「高知県のところに、なす1位とメモをしておいて」「66%に○を囲んで、機械→自動車と書いておいて」というように具体的に、指示を出します。

そう指示をしても、どこにどのようにメモをしたらいいか最初はわからない子もいますが、習慣にすることが大切なので、5年生になるまでにできればいいと考えています。

5年生でも6年生でも、指示は具体的に出すようにしていますが、徐々に、

「これは自分にとって知らないことだからメモをしよう」
「次に出てきても間違えるかもしれないから、念のためにメモをしよう」
「これは自分にとって絶対忘れない当たり前のことだから聞くだけ」

と自分で瞬時に判断して、必要なところはメモをとるというようにさせたいところです。

その理由のひとつは、まず、書くことで頭に入るから。

理由の2つめは、復習のときに役立つからです。

家庭でできることはどうでしょう。

塾や学校で授業を受けたあと、子どもが何も書き込んでいなかったら「少しでもメモをしてみよう。そのほうが覚えやすくなるよ」と、声をかけてあげましょう。

必要なところをこぼさずにメモできる力は、大人になってからも活きる力です。

聴く力を磨くには、メモ上手になることも、有効です。

これまでの記事一覧

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者
松本亘正 専門家・プロ

まつもとひろまさ|中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表|ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校。現在は東中野・自由が丘・日吉・芝浦港南など、6校を展開している。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超える。これまでののべ指導人数は2200名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の第一志望校合格率を誇る。中学受験だけでなく、高・大受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。