中学受験ノウハウ 志望校選び

【中学受験】志望校選びの学校見学で必ずチェックすべきポイントとは?

2019年9月13日 石井知哉

中学受験の志望校選びにおいて、学校見学は不可欠です。学校見学が、志望校選びの決め手になったという家庭も少なくありません。そこで、筆者が毎年数十校の学校を見学するなかで実践している「学校見学のチェックポイント」を紹介します。

最も重視すべきは「生徒の姿」

「良い学校」「わが子に合った学校」を見つけるために、学校見学は欠かせません。そして、見学時に最も重視したいのが「生徒の姿」です。学校がどんな生徒を育てているか、ありのままにわかります。見学時に目の前にいる生徒たちは、いわば‟数年後のお子さんの姿”です。

授業中のチェックポイント

授業風景は貴重な機会です。授業の内容はもちろん、それ以上に見るべきは、生徒たちの態度です。以下をチェックしましょう。

●授業に積極的に参加しているか?
●姿勢が崩れていないか?
●私語や居眠りがないか?

これらは、先生の授業力や指導力を推し量るバロメーターでもあります。

休み時間のチェックポイント

休み時間の様子も要チェックです。どの生徒もリラックスし、先生の目も届きにくいので、生徒たちの‟素の姿”が見えてきます。以下をチェックすると、短い休み時間でも多くのことがわかります。

●同級生に対する接し方や言動はどうか?
●見学者とすれ違ったときの挨拶はどうか?(向こうからしてくるか、返答してくるか、無視するか)
●休み時間から次の授業への切り替えはスムーズか?

失敗しない学校選びのためには、先生をよく見る

授業のカリキュラムや学校設備を確認することは大切です。しかしこれらは、子供の成長を助ける‟手段”に過ぎません。一方で、子供の成長に直接影響を与えるのが「先生」です。

授業中のチェックポイント

授業中の先生については、以下をチェックしましょう。

●「わかりやすい」「面白い」と生徒が思う授業をしているか?
●生徒全員に目を向けているか?(置いてきぼりの生徒がいないか?)
●生徒を授業に集中させようとしているか?(私語や居眠りを注意しているか?)

また、授業以外でも先生に接する機会があります。たとえば、多くの学校は、説明会の個別相談を先生が担当しています。入学後にお世話になる先生ですから、積極的にコミュニケーションをとり、疑問や不安をぶつけてみましょう。

説明会のチェックポイント

説明会での先生の様子については、以下をチェックしましょう。

●保護者からの質問に誠実に答えているか?
●生徒を見守り、成長を引き出そうという愛情が感じられるか?
●学校の教育理念や指導法を理解し、共感しているか?

「先生の人間性」は、指導力の根幹となるものです。そして指導力とは、授業の質を指すだけではありません。いじめやケンカなどのトラブルや、人間関係の悩みの解決にもつながるものです。

意外に見落としがちな要チェックポイント

学校内を確認するだけが、学校見学ではありません。実際に足を運ぶときにチェックすべき点を紹介します。

家から学校までのルート

入学後に子供が毎日通学することを踏まえ、通学ルートを学校見学のときにシミュレーションしておくことは大切です。

●通学時間は長過ぎないか?
●アクセスはどうか?(電車の本数や乗り換えの回数、駅構内の移動、駅・学校間の距離など)
●電車の混雑具合はどうか?

これらを見学時に体感することで、通学にかかる負担がわかります。成長するにつれて体力も向上するので、時間が解決してくれることもありますが、通学の負担があまりに大きいようだと再考の余地があるでしょう。

学校・駅周辺の環境

学校の立地も重要な要素です。たとえば、最寄駅が繁華街に位置している場合、遊び場が多く子供を誘惑するものが多くなり、治安の不安も出てきます。子供にしてみれば、学校帰りに遊べる場所があるのは喜ばしいことですが、電車通学をさせる親としては、寄り道は心配のタネです。そのため、学校外の環境も要チェックです。

チェックポイントを踏まえた学校見学を

「生徒」「先生」「学校外の環境」の3つを中心に見学することで、子供に合った学校選びがしやすくなります。紹介したチェックポイントを踏まえ、有意義な学校見学をおこないましょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい