学習 連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

理科・社会の取り組み方 ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2019年10月11日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

前回は、「国語の取り組み方と復習の方法」について解説しました。今回は理科・社会の取り組み方について解説します。

理科・社会は、暗記科目ではない

私は「理科・社会は暗記科目ではない」と考えています。理由と理屈さえ分かっていれば、知識が自然と頭に入るはずだからです。理屈を抜きにして「覚えよう覚えよう」とすると、記憶に定着するのに手間がかかり、忘れやすくなります。大事なのは、頭に入れておきたい重要事項に「情報のタグ」をたくさんつけること。「日本三大急流」を例に、情報にタグをつけることについて解説します。

語呂合わせに頼らない

日本三大急流は、「富士川・球磨(くま)川・最上(もがみ)川」の3つです。私が生徒たちに日本三大急流を教えるときは、「急流」について解説するところから始めます。それから「富士川の河口あたりに新幹線が通っている」、「球磨川は熊本県にあって、同じ‟くま”と読むけど球磨と熊では漢字が違う」など、各急流に関する豆知識を伝えながら、写真や地図を使って授業をおこないます。

おすすめできないのは、語呂合わせだけを覚えて勉強を終わりにすることです。たとえば、日本三大急流の有名な語呂合わせに、「ふじみのくまさんもがいてる」というものがあります。

しかし、この語呂合わせを覚えるだけでは、 「ムキムキの熊さんがもがいているイメージ」だけが印象強く記憶に残るでしょう。そのため、急流の正しい名称や漢字、地図上の詳しい位置を答えさせる問題が出たりしたときに、パッと答えるのが難しくなります。どうしても覚えられなかったら、語呂合わせに頼ってもよいとは思います。しかし、最初から語呂合わせで覚えてしまうと、記憶の定着としてはもろいのです。

知識にたくさんのタグをつける

理科と社会の知識を覚えるうえで大切なのは、ひとつの知識に対していろいろな情報を絡めて、セットでアタマに入れることです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。YouTube「下町塾長会議」構成員。著書「ゆる中学受験ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)、「めんどうな中学生(わが子)を上手に育てる教科書」(ブックトリップ)、構成・問題監修「LIZ LISA Study Series中1/中2」、監修「おっぱっぴー小学校算数ドリル」(KADOKAWA)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。