連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

家庭学習の親の役割 ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2019年10月24日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

親は子どもの勉強をどこまで見るべきか

5、6年生の親御さんには、「家庭学習で勉強の内容までは見なくていいですよ」と伝えています。子どもがわからない問題を教えようとしてしまうと、親御さんの負担も増えてしまいます。また、親自身が問題を解いてしまうことも多く、子どもの実力がつかないことが多いからです。

親御さんにお願いしたいのは、宿題をやっているかどうかのチェックだけ。「できる・できない」の部分は関わらなくてOKです。

「考えた跡」があるか確認する

お子さんの宿題などをチェックするときに気にかけてほしいのは、


続きは有料会員の方がご覧いただけます

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。TJK東京私塾協同組合員、第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。YouTube「下町塾長会議」構成員。著書「ゆる中学受験ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)、「めんどうな中学生(わが子)を上手に育てる教科書」(ブックトリップ)、構成・問題監修「LIZ LISA Study Series中1/中2」、監修「おっぱっぴー小学校算数ドリル」(KADOKAWA)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。