連載 桜井信一の中学受験相談室

志望校の適性検査まであとわずか。このままでは無理だと感じています。ミラクルを起こすために何が必要でしょうか?|下剋上受験 桜井信一の中学受験相談室

専門家・プロ
2019年11月06日 桜井信一

『下剋上受験』でおなじみ、桜井信一さんが中学受験を考える親御さんのさまざまな悩みに答えます。今回は小6受験生の親御さんから、直前期の追い込みに関する相談です。

今回の相談

コッパと申します。仙台の某中高一貫校の適性検査が年明けの第2週に迫っています。本人は努力しているものの、塾での成績は偏差値50以下です。このままでは無理だと感じています。「まだ時間ある」と励ましていますが、残り2ヶ月を本人と塾に任せるべきか、小生も問題を出して遅くまでがんばらせるべきか……。本人いわく、「塾から睡眠時間を7時間は確保するように」と言われているようなのですが、最後の追い込みの時期でもあり悩んでいます。残り2ヶ月。ミラクルを起こすために何が必要か、ご教示いただけると幸いです。よろしくお願いします。

相談者:コッパ
お子さまの学年:小6

 


桜井さんの回答

コッパさま、はじめまして。

お住いの地域の適性検査がどういう仕組みのものか知らないものですから、難易度や対策がよくわかりませんが、現在の成績では厳しいとご判断されているようですね。

まず、睡眠時間を削って取り組んでもあまり効果はないと思います。逆効果の危険性の方が高いでしょう。眠い目をこすって日々勉強に取り組むというのは、それを経験したことがあり、かつその努力で成果があった経験を持つ子でないとダラダラするだけだと思います。

また、この情報からミラクルを起こす方法をズバッとお伝え出来る人がいるとすれば、それはかなり怪しい話でしょう。そんな相談をしてしまうほど、親として冷静ではいられないのだとお察しします。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

桜井信一
この記事の著者
桜井信一 専門家・プロ

オンライン塾「下剋上受験塾」主宰。中卒の両親のもとで育ち、自らも中卒になる。 娘の下剋上のために一念発起して小5の勉強からやり直す。塾には行かず、父娘の二人三脚で偏差値を41から70に上げ、100%不可能とされた最難関中学「桜蔭学園」を目指した。その壮絶な受験記録を綴った『下剋上受験』はベストセラーに。 2017年1月には待望のドラマ化。学習講座「桜井算数教室」「国語読解記述講座」にはのべ2000人の親子が参加し人気を博した。2020年、オンラインの「下剋上受験塾」を立ち上げた。

[関連]

父娘の記念受験(公式ブログ)
下剋上受験塾