中学受験ノウハウ 出願から入試本番まで

【中学受験】入試直前期に親がすべき理想的なサポート

2019年11月26日 石井知哉

中学受験の合否を分けるのは子どもの学力といわれますが、入試本番で子どもが実力を発揮するためには、親のサポートも必要です。わが子を合格へと後押しするサポートについて解説します。

入試直前期に親として心がけたいこと

入試直前期に親として心がけたいのは、入試当日に子どもがベストなパフォーマンスを発揮できるようにすることです。そのためのサポートをおこないましょう。

具体的には次の2点です。

■入試の事務手続き・事前準備
■体調管理とメンタル面のケア

この2つの面で親御さんが理想的なサポートをすることで、子どもは最後の追い込みや入試本番に専念できます。

入試の事務手続き・事前準備

入試の事務手続きや事前準備は、抜け漏れなくおこないたいですね。本命校と併願校を決めたら、次の4点に取りかかりましょう。

【1】過去問の入手
【2】出願手続き
【3】当日の交通ルート作成
【4】学校の下見

【1】過去問の入手

受験勉強において、過去問は欠かせません。未入手であれば、購入しましょう。本命校の場合はなるべく多くの年度の問題を解けるように、最新年度のものだけでなく、ネット販売などを利用して中古の旧年度版を入手しておくのもおすすめです。

【2】出願手続き

最近はweb出願にも対応する中学校が増え、手軽な印象もありますが、いざやってみるとかなり大変なのが出願手続きです。書類作成や金融機関への受験料振込だけでなく、小学校に調査書の作成を依頼する必要が出てくることもあります。

ここでのミスは子どもの努力を台無しにしかねないので注意が必要です。特に初めて経験する親御さんは、手続きの期限を正確に把握したうえで、余裕を持って進めるようにしましょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

石井知哉
この記事の著者

株式会社QLEA教育事業部部長。教育系Webサイト「School Post」を主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括する傍ら、千代田区麹町に超少人数制個人指導道場「合格ゼミ」を開設。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年から中・高・大学受験生、就職試験対策の指導にあたっている。幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。