中学受験ノウハウ 出願から入試本番まで

【中学受験】願書提出でありがちな4つのミスと防止策

2019年12月20日 石井知哉

中学入試の“第一関門”にあたる願書の作成と提出。ここでミスがあると「そもそも入試を受けられない」というおそれもあるので、細心の注意を心がけたいですね。そこで、願書の作成・提出時に起こりやすいミスと、それを防ぐための方法を紹介します。

期限ギリギリに作成すると起こりやすいミス

実際に願書を書き始めるとわかりますが、願書を提出するまでにはかなりの時間が必要です。書類の作成だけでなく、受験料の支払いや小学校からの調査書の用意など、意外と作業量が多いのです。併願受験をする場合、出願手続きは2校、3校と増えていきます。

ですから、提出期限ギリギリに作成を開始するとリスクが高いといえます。「記入ミスをしてしまった」「指定の金融機関が営業日外だった」「小学校に依頼した調査書に時間がかかった」など、想定外のことが発生しても期限に余裕があれば対応は可能です。

願書はできるだけ早く作成を開始するのがおすすめです。特に、以下の点を心がけておくとよいでしょう。

●受けるかどうかわからない学校でも、早めに出願書類は入手しておく
●書類を入手したら、手続き関連のページに付箋を貼って必要な手続きの内容を確認する
●出願期限と手続き内容はリストにまとめておく
●小学校からの調査書は余裕をもって作成を依頼する

書類の作成時に起こりやすいミス

書類の作成時に起こりやすいのは、書き損じです。

ほとんどの中学校は、注意事項や記入例を入試要項に載せています。それらをよく読んで記入すれば失敗することは少なくなるでしょう。もっとも、記入例を見ながら書いていたら、うっかり記入例の情報(氏名や住所、生年月日、小学校名など)をそのまま写してしまった、ということもあり得ます。

志望理由を書くこともありますが、文章を書くぶん書き損じの可能性が上がることにも気をつけたいですね。

「書き損じは必ず起こり得る」という想定で、以下のような準備をしておくと万が一ミスをしても慌てずに済みます。

●必ずコピーをして下書きをする
●下書きを見ながら清書する
●清書時のミスに備えて、書類は2部入手しておく

WEB出願で起こりやすいミス

近年多くの中学校が導入しているWEB出願。書類の持参や郵送の手間も省け、便利な方法なので、これを利用しようという方も多いことでしょう。

しかし、WEB出願ならではの注意点もあります。出願期限が近くなると出願フォームにアクセスが集中し、サーバー停止や速度ダウンが起こることも。急いでいて何度もクリックしていたら、エラーが発生し、入力途中で消えてしまうこともあり得ます。提出済みの内容をコピペして別の学校に出願しようとしたら、中学校名を修正しないまま出してしまった、というようなミスも考えられます。

WEB出願はお手軽で簡単そうですが、油断をして出願を後回しにすることは避けたいですね。WEB出願のミスを防ぐためにも、次のような点を心がけておくとよいでしょう。

●期限に余裕をもって早めに出願する
●WEBフォームに直接入力せず、メモ帳アプリなどを使って作成しておき、コピー&ペーストする
●PC版サイトの場合は、スマホからではなくPCで入力する

提出時に起こりやすいミス

作成した書類を提出する段階で気をつけたいのは、次の3つです。

【1】提出漏れ
所定の書類が一部抜けている
【2】入れ間違え
別の学校に提出するべきものを入れてしまう
【3】方法違い
指定された郵送方法(多くの場合は書留郵便)以外で送ってしまう

特に、複数の中学校の出願手続を同時に進めているときには、こうしたミスが出やすくなります。面接をおこなう学校を受験する場合は、出願時に書いた志望理由書の控えを取っておきましょう。

その他、下記の点がミスの防止には有効です。

●学校ごとにクリアファイルで書類を分けて、提出必要物のチェックリストを付箋に書いて貼る
●書類作成は1校ずつ確実に完了させる
●志望理由は面接に備えてコピーをとって控えておく
●発送する前にダブルチェックをおこなう

余裕をもった出願手続を

中学受験の願書提出においては、ミスなくおこなうのがベストですが、なかなか思うようにいかないのが現実です。「ミスはいつでも起こる」という前提に立ち、充分な時間、精神的余裕をもって出願手続を進めることが、中学受験の第一関門突破のカギといえるでしょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい