連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

転塾を考えている親御さんへ ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2020年1月07日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

2月で6年生たちが受験を終えると、4年生は5年生コースに、5年生は6年生コースに上がり、塾側も新年度に向けて新しい受験態勢に入ります。その直前である1月は、転塾を考える親御さんが多い時期。今回は、転塾を検討するときに考えたいことについて解説します。

転塾するべきか迷ったときの判断軸

転塾を考えるきっかけとして多いのが「塾との相性」です。これは子どもと塾だけでなく、親御さんと塾との関係性も含まれます。親子それぞれと塾との関係性をふまえて、転塾させるべきか否かの判断をする必要があります。

子どもと塾との関係性から転塾を考える

転塾の理由の多くは、「子どもが塾の授業についていけない」というケース。授業についていけず、塾内のテストでは点数が取れずにクラスが下がり、親に怒られる……そんな循環から抜け出せないのです。

うちの子は頭が悪いから、やる気が出ないからという理由で、受験自体を断念してしまう家庭もあります。しかし、そんなときは塾を変えることを一度検討してみてほしいです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。YouTube「下町塾長会議」構成員。著書「ゆる中学受験ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)、「めんどうな中学生(わが子)を上手に育てる教科書」(ブックトリップ)、構成・問題監修「LIZ LISA Study Series中1/中2」、監修「おっぱっぴー小学校算数ドリル」(KADOKAWA)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。