連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

親子で納得のいく塾を選ぶには ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2020年1月17日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

前回は「転塾」をテーマにお話ししました。大手の塾に入れてみたものの、「ストイックに勉強に励むのはわが子には合わない」「友達との時間や大好きな習い事の時間を犠牲にしてまで、難関校を目指す必要はないのかも……」と考えて、転塾に踏みきる親御さんはたくさんいます。そこで今回は「親子で納得のいく塾選び」をテーマにお話しします。

塾長や先生との相性を考える

子どもに合った勉強スタイルや志望校を選択したいのであれば、個人経営の塾を検討してみましょう。個人経営の塾では、とくに塾長の人柄・理念に親子で納得できるかどうかが大事になります。

受験勉強を続けていると、偏差値が伸びない、苦手科目を克服できないなど、思うようにハードルを乗り越えられない場面が数多く出てきます。そんなとき、親子の背中を押してくれるのが「塾長」という存在です。親子と塾長の間で信頼関係を築くことも、受験を乗り越えるためには大切な要素となってきます。

親子にとって納得のいく答えを、塾長が提示できるかどうか

塾長の人となりを感じ取るためのひとつの方法が、面談や電話相談です。信頼できる人間なのか、わが子を正しく導いてくれるのか、人として必要な言葉を投げかけてくれるのかを見てみましょう。じっくりと話を聞いてくれて、塾長が主観を交えて話してくれるのかどうかなどもチェックしてみるといいですね。

私もたくさんの親御さんと面談してきました。そのなかで意外に感じるのは、「先生はどう思いますか?」「本当のところはどう考えていますか?」といった質問をされる親御さんが多いことです。データではなく、塾長としての私の個人的見解を求めていらっしゃるんですね。塾長から聞く個人的見解というものは、親御さんを一番安心させる要素なのかもしれません。

個人経営の塾長は、自分なりのノウハウでたくさんの生徒を合格させています。そのため「入塾当初は偏差値が30台だったけど、6年生の冬には偏差値が安定してきた子がいましたよ」「最後の模試で志望校の偏差値を下回ってしまった子がいたけど、最後の2か月で必死に頑張って合格を勝ち取りましたよ」というようなエピソードをたくさん持っているんです。

こういったエピソードからも、塾長の人となりが見えてきます。面談や電話相談では、親子ともに納得のいく答えを塾が提示してくれるかを確認してみましょう。

子どもと塾の相性

子どもと先生との相性を見たい場合は、塾の体験授業が終わったあとに感想を子どもに聞いてみましょう。

私の塾(桜学舎)では、子どもたちが志望校を見学するときに「なんとなくでいいから、校門の前に立ったときの第一印象を大事にしよう」と説明しています。これは塾選びでも同じことがいえます。お子さんが体験授業を終えたら「今日の授業どうだった?」と質問してみてください。ニッコリ笑って「楽しかった!」と答えたならば、子どもと先生の相性はバッチリです。一方で「楽しくなかった」「うーん……」といった様子なら、ほかの塾を探したほうがいいかもしれません。

塾には、入塾してから受験を終えるまで2~3年通うことになります。子どもと塾の相性があまりよくなさそうなのに、合格率や塾の教育システムを重視して無理やり入塾してしまうと、どこかで歪みが生じる可能性があります。子どもの目線から見て「通いたいと思える雰囲気だったか」は、塾選びの際に重視したいポイントです。

親と塾の相性

受験生活のなかで、途中で塾を変えたり、塾に通いながらほかの塾を探し始めたりするケースがあります。その原因を探ると、ほとんどの場合「塾が面倒を見てくれなかったことに対する寂しさ」に突き当たります。授業のレベルについていけなかった、集団指導が合わなかったというのは、つまるところ「先生と子どもの距離が遠かったから」なんですね。

親御さんと先生に関しても同じことがいえます。面談の際に先生が前向きな言葉を話していても、どこか信用しきれない。子どもが話している塾の雰囲気と、先生が話している内容がかけ離れているように感じる……。こういった不安な想いは、先生と親御さんとの間に距離があるからこそ生じてしまいます。

転塾を考えている親御さんに大切にしてほしいのは、カリキュラムやシステムに子どもを預けるのではなく、「塾に子どもを預ける」という気持ちです。

個人経営の塾の探し方

大手塾は、公式ホームページが充実していたり、新聞の折り込みに合格速報のチラシが入っていたりするなど、情報に触れる機会が多いといえます。しかし個人経営の塾の場合は、親御さん自身に塾を探す姿勢がないとなかなか見つけることができないものです。まずはインターネットで検索して、ホームページやブログ、SNSをチェックしてみましょう。

ホームページやブログでチェックするべき2つのポイント

個人塾のホームページやブログなどでチェックしてほしいのは、以下の2点です。

1、塾長の顔写真が載っているか
2、塾長の考えや理念が伝わる内容が掲載されているか

塾長の顔写真が載っていれば、「この先生から授業を受けるのか」「この先生と面談するのか」というように、塾での過ごし方がある程度イメージしやすくなります。

また個人経営の塾には、いろいろな考えを持った塾長がいるものです。塾長ごとに自分なりの信念を持って生徒を指導していますから、その理念や考え方に共感できるかどうかを考えることはとても大事です。「厳しすぎてうちの子には合わないかもしれない」と思うのであれば、ほかの塾を探してみる。「この先生よさそうだな。一度会ってみたいな」と感じたならば、体験授業や面談に申し込んでみるとよいでしょう。

情報をたくさん集め、親子で納得のいく塾選びを

寺子屋のように畳に座らせて授業をおこなう塾や、学習指導だけでなく料理の指導もおこなう塾など、世の中には多種多様な塾が存在します。中学受験を終えるまで、あるいは中学入学以降もお世話になるのが塾という場所です。じっくりとリサーチをして情報を集め、「ここでなら頑張れる!」という塾を探してみてください。


これまでの記事はこちら『親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

※記事の内容は執筆時点のものです

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。TJK東京私塾協同組合理事、第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。著書「ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。

合わせて読みたい