中学受験ノウハウ 勉強法

【中学受験】勉強量だけじゃない! 偏差値60を突破する子の3つの特徴

2020年1月14日 ハルカ

わたしは塾講師時代、偏差値30に満たない子が集まるコースから、偏差値60を超える子が集まるコースまで幅広いコースを担当していました。上位コースの子は、そのほかのコースの子と比べると勉強方法や考え方が大きく違います。今回は、わたしが見てきた「偏差値60の壁を超える子」の特徴を紹介します。勉強方法を見直すヒントにしてみてください。

【1】取捨選択して効率よく勉強

偏差値が高い子の勉強は、効率的です。たとえば4科目の偏差値にバラつきがあれば、すべての科目を同じ時間勉強するのではなく、自分に足りないところを重点的に勉強しています。

もちろん得意な科目も勉強しますが、あまり長い時間は割きません。一通りさらっと勉強して、あとは苦手科目に注力します。苦手科目に長時間向き合うのは苦しいでしょうが、つまずきに早く対処できるというメリットもあります。

偏差値60未満の子の特徴

塾講師時代の体感ですが、クラスが下の子は好きな科目にかたよって勉強する傾向がありました。なかには社会のなかでも日本地理だけ、理科は生物のみと特定分野にかたよる子も。嫌いな科目は後回しにしがちなので、テストでも点数がとれず、苦手意識が強くなって勉強したくなくなってしまう――。そんな「負のスパイラル」におちいってしまう子もいました。

中位コースになると、すべてを頑張りすぎてパンクしてしまう子が出てきます。たとえば理解している漢字を何十回も書く、満点をとった練習問題をくり返し解くなどです。勉強時間は十分なのに偏差値が上がらないため、徐々にモチベーションが下がってしまうこともあります。

【2】得意不得意を理解している

偏差値60を超える子は、テストの結果や体感などから、自分の得意と不得意をある程度正確に理解できています。

とくに重要なのは、好き嫌いと得意不得意を分けて考えられる点です。勉強には「好きだけど不得意」「嫌いだけど得意」ということがあります。なんとなくでも自覚できていれば、勉強も効率よく進められます。

間違えた理由に注目している

テストが返ってきたときや演習の答え合わせをするとき、偏差値の高い子が注目するのは間違えた問題です。自信のあった問題が間違えていたら、とことん原因を探ります。何を根拠に違うものを選んでしまったのかがわかれば、次は間違えません。

点数や偏差値に注目して一喜一憂するのではなく、弱点を少しずつ見つけて克服することで理解も深まります。この繰り返しが“偏差値の差”なのです。

【3】勉強量の当たり前ラインが高い

当たり前のことではありますが、偏差値60を超える子は基本的な勉強量が多い傾向があります。あまり勉強していないように見える子でも、テスト範囲はさらっと全体を見直して、苦手なところだけしっかり復習するなど効率的に勉強しています。「このぐらいやって当たり前」と考えるラインが高いため、学年が上がるほど差は広がります。

中学受験の意識がある

勉強量が多いとはいえ、偏差値の高い子がすべて勉強が好きとは限りません。マンガや音楽、スポーツが好きだという子も多く、勉強一辺倒という子はまれです。

しかし「自分が中学受験をする」という意識はしっかり持っています。そしてその意識は、無理やり持たされたものではありません。きっかけは親からの働きかけでも、自分の意志で中学受験に取り組み、勉強しています。

どうせ受けるなら合格したい。そんな気持ちだからこそ、勉強一辺倒ではなくとも、ある程度は当たり前のように勉強しているのです。

まとめ

偏差値60を超える子は、本人の意識が高いです。才能や努力ももちろん大切ですが、高い意識が持てなければ、努力もできず偏差値にもつながりません。努力の仕方がわかって少しずつ知識がついてくると、新しいことを知る楽しさも感じられるようになります。少しでも授業や家庭学習がおもしろいと思えれば、勉強やテストもポジティブに考えられますよね。勉強への向き合い方はすごく大切なのです。

難関校に受かるような子は、意識と同時に、勉強法も一工夫しています。「とにかく時間と手間をかける」という勉強から「たくさんの勉強を効率よくこなす」勉強にできれば、偏差値60台も夢ではありません。これからの勉強に生かしてみてくださいね。

※記事の内容は執筆時点のものです

合わせて読みたい