連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

中学受験 きょうだいで受験に臨むときの注意点|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2020年2月20日 石渡真由美

中学受験をする家庭は、「より良い環境で学ばせたい」「中高の6年間をのびのびと過ごしてほしい」などの理由から、お子さんを私立中高一貫校へ進学させたいと考えています。それは家庭の価値観なので否定はしませんが、子どもによっては中学受験に向き・不向きがあります。きょうだいによっても違ってくるので、よく見極める必要があります。

「上の子が受験したから、下の子も」は要注意

中学受験を選択するご家庭できょうだいがいる場合、どちらも受験をさせることが多い印象です。「受験の選択=家庭の価値観」ですから自然な流れともいえますが、子どもの受験は慎重に考える必要があります。なぜなら、子どもによって向き・不向きがあるからです。

例えばよくあるケースが、お姉ちゃんと弟のきょうだい。お姉ちゃんは言われたことはきちんとやる子で、苦労せずに受験ができたけれど、弟は宿題をやらせるだけでひと苦労。毎日ガミガミ叱ってばかりで、親御さんの方がグッタリ。――こういったことはよくあります。一般的に女の子は「やるべきことはやる」「コツコツ頑張れる」などの特性があり、受験勉強を進めやすいのです。

一方、男の子は好きなことは集中して取り組めるけれど、興味のないことはやりたがらないなどの特性があります。ただし、これも子どもによって違い、真逆の特性を持つケースもあります。つまり人間一人ひとりに個性があるように、受験に対する向き合い方も違ってくるということです。

中学受験をさせるご家庭のなかには、「お姉ちゃんが私立に行っているから、下の子も私立に入れてあげないとかわいそう」と親の感じる“不公平感”から受験をさせることがあります。しかし、私はこの考えには反対です。「私立は素晴らしくて、公立はダメ」というわけではないですし、どちらの環境にもメリット・デメリットはあります。

大事なのは、お子さんがどの環境で伸びるかです。手厚く面倒を見てくれる私立の方が自分らしさを出せるという子もいるでしょうし、いろいろな家庭の子が集まる公立中学の方が刺激的で楽しいという子もいるでしょう。これもきょうだいによって違ってきますので、「上の子が受験したから下の子も」と安易に決めないことです。

きょうだい受験は「比べない」ことが鉄則

きょうだい受験のメリットもあります。それは親御さん自身の経験値が上がっていることです。上のお子さんのときは、初めての受験で何もわからず、塾から言われるがままに進めてしまいがちです。

でも、一度経験をすると、「中学受験の勉強は5年生から急に難しくなる」「6年生になると、塾や模試で忙しくなるから、学校見学は早めに行っておいたほうがいい」といったように、上のお子さんのときに感じたことや、うまくいかなかったことを教訓にできます。これは、大きなアドバンテージです。

しかし、なまじ状況をわかっているがために、上のお子さんと比べてしまうことがあります。「お姉さんのときは、5年生の段階で○クラスだったけれど、下の子は△クラス。このままで●●中学は無理かもしれない」と、早い段階で見切りをつけてしまったり、「お姉ちゃんはこんな問題スラスラ解けたのに、この子はなんでできないんだろう」と見比べてしまったり。

親御さんからすれば「同じ自分の子」ですが、子どもの成長の早さは個人差があります。同じきょうだいでもお姉ちゃんにできたことが、弟にはできないこともあります。また、その逆もあります。ですから、きょうだい受験で一番気をつけていただきたいのが、「比べないこと」です。

年の差きょうだい 上の子のときと学校のレベルは大きく変わっている

一方、じっくり見比べてほしいことがあります。それは塾と学校です。きょうだいで受験をする場合、多くは同じ進学塾に通わせます。その方が、カリキュラムが同じなので、親御さんはサポートしやすいからです。しかし、ひとくちに塾といっても、その中身は異なります。大手進学塾で仲間と競いながら伸びいく子もいれば、小規模な塾で3年間同じ先生に指導してもらった方が伸びていく子もいます。きょうだいでもタイプは違いますので、お子さん一人ひとりを見て、この子はどのタイプの塾に入れれば伸びるかという視点で塾選びをしましょう。

お子さんのタイプに合わせた塾選びの視点については、次の記事で解説しています
新4年生 今からでも間にあう 中学受験塾の選び方|2019年1月10日 公開

また、受験する学校もじっくり検討しましょう。私立中学は日々変化しています。親御さんが子どもだった頃は、やんちゃな子が通う学校と評判が悪かった学校が、今では進学校になっているというのはよくあることです。近年は特に変化が激しく、上のお子さんと下のお子さんが3つ以上離れているだけでも、当時とは違っています。特に女子校(または男子校)から共学校に変わった学校は、学校の運営そのものが変わったと思っておいた方がいいでしょう。ですから、「上の子のときにあの学校の説明会は聞いたから、今回はいいかな」と軽視せず、気になる学校はすべて足を運ぶようにしましょう。

大事なのは、子ども一人ひとりに合った塾選びと学校選びをすることです。


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

合わせて読みたい