連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

中学受験後 中学生活をスムーズにスタートするには|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2020年2月06日 石渡真由美

首都圏の中学受験が終結に向かい、受験生は4月からの進学先がほぼ決まった頃かなと思います。晴れて第一志望校に進学する子、第二、第三、第四志望校に進学することになった子、公立中学に進学することになった子などさまざまでしょう。しかし中学受験はゴールではありません。大事なのはこれからです。

英単語をしっかり覚えて、英語を得意科目にする

受験が終わったら、思いっきり遊びたい。みんなそう思っていたことでしょう。合否に関わらず、まずは思いっきりリフレッシュさせてあげてください。でも、せっかく中学受験の勉強で身につけた学習習慣はできればキープしておきたいものです。

中学生活をスムーズにスタートさせるなら、春休み中から少しずつ準備をしておきましょう。通っていた塾が高校受験や大学受験も扱っているところなら、中1準備コースを設定しているところもあります。多くの場合、安価で受けられますので、時間に余裕があれば受けてみるといいでしょう。

英語と数学は中学から始まる教科です。授業はゼロからのスタートとなりますが、ほんの少し知識があると気持ちに余裕が生まれます。特に英語は中1から得意科目にしておくと、大学受験でも有利です。

近年、英語4技能の重要性がクローズアップされています。そのため、幼児や低学年の頃から英会話を習っているお子さんが増えています。確かに話せることは大事ですが、会話ができればグローバルな人になれると誤解されている人も多いように感じます。私達が力をつけていかなければならないのは、世界レベルの論文が書けるようになることです。それには会話よりも、文法よりも、まずはたくさんの英単語を覚える必要があります。言葉を知らなければ、会話も文章を書くこともできないからです。

その取っ掛かりとして、まずは身の回り単語のスペルを覚えていきましょう。例えば春休み中に家の中にあるものの単語を覚えるというのもいいでしょう。そうやって、たくさんの単語を覚えておくと、中1になってから英語の学習がスムーズに始められます。

数学と算数は似て非なるもの。暗記ではなく試行錯誤を

中学になると、算数から数学に教科が変わります。同じ数字を扱う教科ですが、算数と数学には似て非なるものです。小学生の時に算数が好きだった子は、中学で数学になった途端、つまらないと感じることがあります。数学は方程式が入るので、解法暗記が必須。そのため「数学=暗記」と思ってしまいがちなのです。しかし、そういう学び方をしてしまうと、面白味を感じることはできません。

中学になったら、「算数と数学は違うものなのだ」ということを認識し、暗記すべきものは割り切って覚えましょう。その時にただ暗記をするのではなく、なぜそうなるのかを考えながら覚えるのです。そうやって考える癖をつけておくことが大事です。なぜなら、数学は試行錯誤する教科だからです。中1の段階ではそれを実感しにくいのですが、だからこそ意識して考えるように心掛けましょう。

最初のテストは好成績で弾みをつけて。自信こそが伸びる源

理科・社会は中学受験で中3レベルまで学習しているので、忘れないようにすることがポイントです。今からガツガツ勉強をする必要はありませんが、ときどき塾のテキストを見返したりして、退化しないようにしておきましょう。

そして一番大事なことは、学習習慣を維持することです。中学受験のために、これまでたくさん勉強をしてきたことと思います。追い込みの時期は、1日に10時間以上勉強した子もいるかもしれません。中学生になったら、そこまで勉強をする必要はありませんが、毎日1時間は勉強する時間を決めておきましょう。

中学に入学すると、多くの学校では中間テストが実施されます。入学後すぐのテストなので、学習範囲は少ししかありません。少し頑張れば高得点は取れてしまうでしょう。英語なら満点を取れるかもしれません。ぜひ、ここで高得点を狙いましょう。はじめのテストで好スタートが切れると、それが自信につながります。中学生の頃は、自己肯定感が下がりやすい時期です。一度「どうせ俺はできないんだ……」と思い込んでしまうと、なかなかやる気もアップしません。くり返しますが、最初の一歩が大事です。受験が終わったかたといって開放感に浸りすぎず、その先に目を向けていきましょう。


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

合わせて読みたい