連載 桜井信一の中学受験相談室

コロナ禍で通塾について悩んでいます。早急にオンライン塾にすべきでしょうか?|下剋上受験 桜井信一の中学受験相談室

専門家・プロ
2020年5月19日 桜井信一

『下剋上受験』でおなじみ、桜井信一さんが中学受験を考える親御さんのさまざまな悩みに答えます。今回は小4のお子さまをもつ親御さんからの相談です。

今回の相談

桜井さんの本を熟読しながら受験勉強を始めた4年生の母親です。 2月からサピックスに通っていますが、昨今の新型コロナウイルスの状況で通塾について悩み始めました。

サピックスは現在休講中ですが、月謝は変わらずテキストの郵送と短い解説動画の配信だけが続いています。オンラインによる補講もはじまりましたが、大人数のうえに受講時間が30分のため、コロナ前に受けていた授業のクオリティは維持できていないように思います。

他塾がいち早くオンライン化の措置を講じるなか、どうしても遅れを感じてしまいます。 また、学校が再開されれば通常の通塾スタイルに戻り、動画配信などもなくなるのではと思います。

サピックスは桜井さんの本にテキストが良いとあったので決めました。このままサピックスで続けたいという気持ちは強いです。しかし、withコロナで行く流れを考えると、電車での通塾は心配なため、オンライン塾の方がよいのではと逡巡しはじめました。

わが家の勉強は、塾の解説+親の解説の形で、親と一緒に行っているので、サピックスで継続することも不可能ではないのですが、今後勉強が難解になることを考えると、子供が塾の授業を聞いたうえで、一緒に勉強できた方が安心です。

サピックスでこのまま様子をみるべきか、早急にオンライン塾にすべきか、桜井さんのお考えをお聞かせ頂けたら助かります。 どうぞよろしくお願い致します。

相談者:中学受験新米母
お子さまの学年:小4


桜井さんの回答

中学受験新米母さま、はじめまして。

今回の出来事は、社会をまるごと変えてしまうほどのことだと私は考えています。

今まで対面に重きを置いておいたさまざまな企業が、これからどう変化していくのか、またその変化は正しい方向を向いているのか。当面は誰も明確な答えを持っていないわけです。それこそ、子どもたちがその答えを見つけていくのでしょう。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

桜井信一
この記事の著者
桜井信一 専門家・プロ

オンライン塾「下剋上受験塾」主宰。中卒の両親のもとで育ち、自らも中卒になる。 娘の下剋上のために一念発起して小5の勉強からやり直す。塾には行かず、父娘の二人三脚で偏差値を41から70に上げ、100%不可能とされた最難関中学「桜蔭学園」を目指した。その壮絶な受験記録を綴った『下剋上受験』はベストセラーに。 2017年1月には待望のドラマ化。学習講座「桜井算数教室」「国語読解記述講座」にはのべ2000人の親子が参加し人気を博した。2020年、オンラインの「下剋上受験塾」を立ち上げた。

[関連]

父娘の記念受験(公式ブログ)
下剋上受験塾