連載 桜井信一の中学受験相談室

回答を間違えるとかんしゃくを起こす息子。何度諭しても聞き入れず困っています……|下剋上受験 桜井信一の中学受験相談室

2020年10月08日 桜井信一

『下剋上受験』でおなじみ、桜井信一さんが中学受験を考える親御さんのさまざまな悩みに答えます。今回は小4のお子さまをもつ親御さんからの相談です。

今回の相談

小4男子の親です。息子はやる気はあるのですが、わからない問題があったり解答が間違っていたりすると、悔しがってかんしゃくを起こし正しいやり方を覚えようとしません。

「やり方を覚えればいいんだよ」と何度諭しても、間違った事に腹を立て全く聞き入れないため、何時間も宿題がすすみません。 私も夕飯の支度が出来なくなり、イライラして毎日大喧嘩になります。

中学受験をやめるやめないの話し合いにまで発展した後、夜中に落ちついてから解くとものの数分であっさり解いて終わるのですが、日常生活に毎日かなりの支障をきたしており、本当に困っています。

素直に解き方を覚えようとするように気持ちを立て直すには、どのように声をかければよいのでしょうか。塾の先生にも相談し、本人と話し合ってもらいましたが、改善には至りませんでした。

相談者:なみ
お子さまの学年:小4


桜井さんの回答

なみさま、はじめまして。

日常生活に支障をきたし困っているのはお母様だけで、お子様は別に困っていないのではないでしょうか。親子で取り組む中学受験のNGのひとつに「諭す」というのがあります。プライドも芽生える男の子に諭すわけですから逆効果になると思いませんか。喧嘩両成敗というくらいですから子どもにも言い分があるわけですね。

中学受験でうまく子どもを操縦しようとしてはいけません。それなら塾に任せて放置する、口を出さない覚悟が必要です。子どもに道をつけてあげたいのなら、目線を下げないといけないと思うのですが……、そう偉そうに言う私も経験済み。相当根気のいることであり、難易度の高いことですね。

私の場合はこう考えました。

「神童に生まれてくれば何も困らず塾に任せっきりで良かった。本人もそれが楽しいだろう。しかし、オレの子に生まれた。この責任はオレにあるのでは……」

そうすると、諭すとか叱るとかそういう発想になる前に申し訳ない気持ちでいっぱいになり、子どもが前を向けるように努力をするわけです。親が折れるわけですね。甘やかすのではないこの微妙なさじ加減に苦労しました。でも嬉しいんです。こんな自分の子として生まれてきたのにこうして問題集と格闘しているわけです。ありがたい。

お母様の場合はどうでしょう。


これまでの記事はこちら『下剋上受験 桜井信一の中学受験相談室


『下剋上受験』の著者 桜井信一さんが、中学受験の相談にお答えします。ご相談はこちら!

※記事の内容は執筆時点のものです

桜井信一
この記事の著者

中卒の両親のもとで育ち、自らも中卒になる。 娘の下剋上のために一念発起して小5の勉強からやり直す。塾には行かず、父娘の二人三脚で偏差値を41から70に上げ、100%不可能とされた最難関中学「桜蔭学園」を目指した。その壮絶な受験記録を綴った『下剋上受験』はベストセラーに。 2017年1月には待望のドラマ化。 勉強のコツや中学受験の裏事情をユニークな語り口で紹介するブログは根強い人気を博している。

[関連

父娘の記念受験(公式ブログ)
下剋上受験塾

合わせて読みたい