連載 中学受験との向き合い方

中学受験をすることは可哀想? 考え方を変えるヒント ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2020年12月15日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

子供に中学受験をさせようか迷っている親御さんのなかには「小学生から受験勉強をさせるのは可哀想では……」と悩む人がいます。なぜ可哀想だと思ってしまうのでしょう。その要因と、そうならないための勉強や受験との向き合い方について解説します。

「受験勉強は可哀想」と思う要因

なぜ中学受験をさせることが、可哀想なことだと思うのか。それにはふたつの要因があるように思います。ひとつ目は「ある種の勉強に対して、ネガティブなイメージを持っている」こと。そしてふたつ目は「中学受験を勝ち負けで考えている」ことです。その理由と解決策を順にお伝えします。

勉強に対するネガティブイメージを拭うには

子供のころ勉強がわからないとバカにされたり、間違えたら叱られたり……そんなイメージを潜在的に持った経験はありませんか。もしお子さんがこうした勉強と苦痛が結びつく考えを持っている場合、勉強は「つまらない。つらい」と感じてしまうかもしれません。そして、嫌々ながらわが子が勉強する姿を見ている親御さんは「受験勉強をさせることは、子供にとって可哀想」と思うことでしょう。しかし、お子さんの勉強へのネガティブなイメージは、親御さんの声掛けで変えることができます。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。「一家にひとり、一課にひとりのコミュニティ・カウンセラー」を育てることを目標としている。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。